FC2ブログ

TOEIC・リスニング問題は、時間の使い方がカギ。

例によってTOEICの勉強日記が全く書けていないが、実はリスニングもちゃんとやっている。

Part1の写真描写とPart2の応答問題は、だいぶ慣れてきたかな。
特にPart2の応答問題の方は3択な上、決まった解答パターンがあるので、できればここでたくさん稼いでおきたいところ。

ただPart3の会話問題、Part4の説明文問題は、問題文のスクリプトが長くてなかなか頭に入ってこない。
コツとしては「スクリプトが流れる前に、問題用紙に書いてある設問文と選択肢を先読みすること」らしい。
この先読みにより聞くポイントを押さえれば対処はしやすい、とのこと。
とりあえずやってみたけれども…、それでもスクリプトの解答ポイントが拾いづらい。
まぁ、これも慣れなのかな?

いずれにせよ「問題の間のスキマ時間の有効活用テクニック」は、目からウロコであった。
今までそんな基本的なことすら知らずにTOEICテストを受けてきたので、本当に感動した!



さて、いよいよ週末にテストが控える。

結局目標の1,500問には未達で、約800問くらいしか触れられなかったが、これでもだいぶまともになってきたんじゃないかな?と思う。
ただ、英会話の本質的なスキルはまだまだと感じる。まぁそれも少しずつ…、か。

さぁ、今度はどのくらいまで得点を伸ばせるかな~?
…目標は500点!
スポンサーサイト



TOEIC・リーディング問題の長文英語に直面し、圧倒的な量不足を痛感。

TOEICの勉強をしているが、進捗はやや微妙か…。
特にリスニング。
もともと集中力がない人間なので、騒がしい屋外だとまずできない。
自分は騒がしい方がかえって勉強は捗るはずなのだが、耳を使う勉強はあんまり慣れていないからなぁ。
…リーディング方の問題だけが多く消化される日々f ^^;

そんなわけで今回はリーディングのPart 5, 6, 7の学習日記を書いていきたい。



Part5, 6は文法・語彙や文脈を問うスタイルで、前者は10秒以内、後者でも30秒以内を目標に解くのがコツ。
正直「そんなに早く解けるものなのか!?」と半信半疑だが、とりあえず頑張っている。
要するに「Part7をで55分間を確保するために、Part5, 6の時間短縮が重要」とのこと。
たまにワケが分からない文法や熟語が出てくるが「まぁそんなものかな?」というノリで強引にどんどん進めていく。

ただ鬼門なのがPart7の長文読解。
特にダブルパッセージは本当にシンドイ。
似たようなメール+メールの問題は地獄。
まともに読むとほぼ解けるのだが、時間が足りない。
そして時間を追い求めると、全容が分からず「内容が知りたいモヤモヤ症候群」に…

うん…、分かってるよ。

「内容は深追いし過ぎるな。聞かれているところだけを読んでごらんなさい」と。

だがそもそも質問文自体が何を聞いているのか?分からないことが多い。



そこで一つの結論にたどり着いた…

「圧倒的に英文の量が足りていない」ということに(爆)

まぁそれを言ってしまっては身も蓋もない。。。

今さらになってだが、学生時代で英語の勉強をサボっていたツケを悔いる。

英語ほど中高生時代にやってきた「学習量の差」が歴然になる科目はないと思う。
数学はビジネスでは四則演算がほとんどだし、国語は他の人からの指摘や論文添削等で何とか気づく。
理科や社会は知識を問う問題が多いから、こちらも逆転のチャンスは十分にある。



と、また横道にそれてしまったが、とにかく慣れない英語を頑張っている。
そう…今までやってこなかったのならば、「今」やればいいのだ!
人生やる気になれば、いくらでもリカバリできるチャンスはあるよ!!

とはいうものの、英語の勉強は本当に地味で、しかも成長が実感しづらくて結構シンドイ。
だが、これもどこかできっとブレークポイントが出てくるはず…!

ここからじわじわと成長する日記を書くのも面白いかな?と思えてきた。



…さて、たまってきたリスニングの課題をいい加減やらないとf ^^;;;

新シリーズの始めは、やはりTOEICから!

「新シリーズの勉強日記を早速書きたい!」と思ったが、あまりエンジンがかからず、例の試験で満身創痍気味にf ^^;

ここ最近、飲み食いしまくりで、かなりだらしない生活を送っている…
本当に「このままだとヤバい!」と思い、ようやく新シリーズに向けた活動をする。



これからは、「自分がやりたいこと」に重点を置く。
直感でも思いつきでも何でもいい。とにかくやりたいことをやる。

特に「語学」と「金融」に力を入れていきたい。
具体的には「TOEIC:600点」と「FP2級合格」を直近の目標とする。
…まぁあまり変わり映えしないか(笑)過去の日記にも書いていた内容だしf ^^;



TOEICについては、会社の団体テストを申し込んだ。
例によって時間がないが、今回は問題演習を中心に頑張る。
TOEICは2時間で200問を解かなければならないので、演習量がカギになると感じた。

早速、数冊の問題集を購入してみた。
その数…、およそ1,500問!
結構な量だが、スキマ時間を見つけてコツコツとやることにする。
ただ基本的な知識がないのでこれだけやってもスコアが得られるか微妙だが、少なくとも500くらいのスコアにはたどり着けるか…?

まずは最低限のビジネスマンとしての嗜みをわきまえないとマズイので、もう少し英語を何とかしよう。
…この歳で未だにこんな初歩的なことを書いているのがお恥ずかしい。。



いずれにせよ、常に何らかの学習をし、自己を高めることが大切だと感じる。

FPへの情熱も再燃してきたし、引き続きいろんなことにチャレンジしていきたい!

…人生において目標がないと、どうしてもダラダラしちゃうからねぇ。

勉強できるのは本当にありがたい、その気持ちを忘れずに今後も精進していこう☆

英語版デスノート、前半(L編)でいっぺん打ち切り。肝心の英語スキルは…?

…しかしなぜこうも自分は、短期間に同じテーマの記事を連続して書くのだろうかf ^^;
諸先輩方のブログを拝見するが、引き出しの多さや文章展開の素晴らしさに本当に驚かされる。
偏りなく日記が書けたり、飲みの席でいろんな話題ができる人が本当にうらやましい。
まぁこれは自分の個人的なブログだから別にいいか。と気にしたりしなかったり(笑)



さて例の英語版デスノートを教材にした学習だが、まともに読もうとしたらいつまでたっても終わりそうにないことに気付いた(--;
なのでいっぺん打ち切ることにした。他の勉強もしたかったし。
ただ、キリのいいところまではやりたかったので、怒涛のハイスピードでL編まで読みこんだ。
まぁ文字の理解というよりも画像でパッパッととらえたような感覚だが。

実感としては英語のスキルが向上した、とは思えなかった…。だが、英語に対するアレルギーは「完全に」なくなったといえる。
あと、無理に全部の単語や意味を理解せず、直感でとらえられるようになった。
英語の上達のコツって、自然と自分の身体で直感的に反応できるようになることだと思う。
例えば「dog→犬」といちいち脳内で日本語に変換をせず、直感的に「dog」と反応できたり。
上手く言えないけれども、慣れやコツの話なのかなぁ?
例えば「自然と自転車に乗れるようになった」とか??



…そうそう!自転車といえばウチの5歳の息子はまだ補助輪だが、最近は補助輪なしの自転車を少しずつ頑張るようになってきた。
あいにく梅雨に入ってしまったので、息子が自転車を乗りこなすのは当面先の話になるかもしれない。
でも、彼も頑張っているんだ!俺も頑張んなきゃな!!ぜひ長い目で見守っていきたい(*^ー^*)

英語版・デスノート。途中経過報告。

この前の日記で「英語版デスノート読んでみよう!」と意気込んでみたものの、難解すぎて挫折しかけている自分がいる。

正直な感想…
・Lの推理がメッチャムズい!
・さらに動きがないシーン(特に喫茶店でのLとライトの頭脳内での会話あたり)は意味が全く分からんorz
・Light(主人公:ライトの名前)と、Right(正しい)が似てて紛らわしい。
・文字だけのコマが随所にあり、心が折れそう。
・キラ頑張れ(*´・ノ∀・)!(自分はLよりもキラ派)
・ミサミサ可愛い(*´∀`*)

そして何よりも…



「英語の意味を調べたいあまり、原作(日本語版)の方を読みふけってしまい、あっという間に時間が経過してしまう!」

というわな(爆)

まぁ、文字の量が半端じゃないので、表情と原作の流れからフィーリングでパッパッと流し読むようにしています。
英語のシャワーを浴びることにより、英語アレルギーをなくしたかったのが目標だったので。
…というか、お前いつ英語アレルギー解消するんだよ!?というお約束のツッコミはなしですよf ^^;

とりあえず英語版デスノートは、前半のL編が終わる7巻くらいでいっぺん一息つこう。