FC2ブログ

データベース2回目の感想 3/3(午後2編)

たくさん書いてきたデータベース(2回目)の日記も、これでひと段落です。
…データベース(3回目)もあるかもしれませんが、もしそうなってしまった時は今よりもかなり適当な反省会になっているかもしれませんf ^^;

これで残すイベントは合格発表のみとなりました。
最後は午後2です。



-----------------------------------------------------
<午後2>

△?問2・データモデリング(カタログ送付・商品販売システム)

問1は、印鑑の管理業務における、E-R図作成→テーブル設計→実装→運用といった、非常にオーソドックスな問題ではあったが、やや運用寄りの問題が目立った。
目立ってはいなかったのかもしれないが、前回の午後2の運用問題で全く解答ができずじまいだったので、思わず避けてしまった。

問2は、カタログ送付業務の、E-R図作成及びテーブル設計のみといった、非常に自由度の高い問題であった。
特徴的なのは、解答用紙がほぼ真っ白だということ。
類似問題に、平成17年問2の施工管理システム、平成19年問2のAV機器メーカ・事業推進システムが挙げられる。
前者は過去問題の中で最も簡単な問題であった。
しかし、後者は複雑かつ量が多い上に今までにない記述(ゼロを含むインスタンスの指示)があったため、非常に難しい問題であった。

この手の問題は非常に高いリスクを伴うギャンブル性の高い問題なのだが、今回は平成19年の問題に比べ解答数も少なく、特殊な記述指示もなかったので、こちらを選択してみた。



実際やってみて…

最初のサブタイプのエンティティ名は完答した。しかしここは簡単すぎるため、全員正解しているだろう。
以降はエンティティタイプを定義し、スキーマ構造を記述し、リレーションシップの線を引っ張る…といった作業が延々と続く。
始めは分かりやすいマスタ系のエンティティを何とか記述できたが、その後のカタログ記載に必要な情報をどこから集めればよいのか、全く分からず…
結局同じような箇所で長時間悩み続け、気づけば残りわずか30分になっている!
これは非常にヤバい。前回の不合格が脳裏をよぎる。
いや、この際不合格だろうが合格だろうが構わない。とにかく何か書かなきゃ!と思い、分からないなりにも必死で空欄を埋める。

結局解答用紙は半ページも余り、テーブル構造に追加した項目も少なすぎ、挙句の果てにはリレーションシップもぐちゃぐちゃになってしまい、これはもう終わったな…と悟った。

しかし、後で解答速報と照らし合わせてみると、基本的な部分は正解しており、他の部分も一致している箇所が多かった。
思ったより悪くはなかったのかもしれない。

ちなみに自己採点は66点だったが、自由度の高い問題であるため解答を詳細に思いだせなかった。
そのため±10点程度の誤差、いやそれ以上あるかもしれない。
つまり、全くあてにならないってことだね(笑)



-----------------------------------------------------



これで6月末の合格発表まで、しばらくデータベーススペシャリスト試験の日記はおあずけです。

ですが、何もやらないままだと本試験の結果が気になってしまいますので、他の試験の勉強をします。
この試験は以前に合格した下位試験に比べて比べてはるかに難しく、前回以上に厳しい戦いとなりそうです。
決して易しい試験ではありませんが、2か月程度みっちりとやれば何とかなるでしょう☆

…私が次に何の試験を受験するのか、さすがにバレてしまいましたね(笑)


























そうです、簿記2級です!!!

☆★☆装いも新たにリニューアルです☆★☆
スポンサーサイト