FC2ブログ

中小企業診断士・反省会1/3(1日目編)

今回の中小企業診断士のチャレンジは失敗に終わってしまったので、一人反省会を開いてますf ^^;
全部で3回(1日目編、2日目編、総括編)振り返ってみますが、この悔しさをバネにまた頑張っていきたいものですね。

まず、1日目の科目ですが、序盤の経済と財務の2科目が大きいと感じました。
問題数が少ないと1問あたりの配点数が高いため、1問の正解/不正解が全体に大きく響いてしまうからです。

逆に経営と運営は問題数が多いので、多少間違えてもまず40点は下回らないことが分かりました。
しかし、経営と運営は2次で超重要になりますので、2次の事例と絡めて覚えた方が後で役立ちそうです。

いずれにせよ、1日目の科目は全部60点未満でしたので、基礎からやり直します。



【経済学・経済政策】
この科目は本当にゼロからのスタートでしたので、勉強し始めは全く意味が分からず、苦労させられましたねぇ。
診断士用のテキストを読んでもなかなか理解できなかったので、公務員向けの経済学の参考書を買って読みました。
おかげさまで、グラフを読む力はついてきましたが、それでも本番では全く理解できなかった問題が多かったです。
本当に基礎からやり直していきたい科目ですね。


【財務・会計】
簿記1級まで勉強してきたこともあり、前半の財務はほぼパーフェクト!
しかし、後半のファイナンス系の問題で取りこぼしが多く、なかなか得点につながりませんでした。
この科目は膨大な計算量と質の高い思考能力を問われますので、7科目の中では一番時間が足りない科目かと思われます。
自分は前半の計算問題で多くの時間を費やし、中盤以降でペースを上げるも、焦って簡単な問題を落とすパターンが多かったです。

この科目だけは通勤電車の中だけでなく、時間を計って机上でみっちり解くべきだと痛感させられました。
2次の事例IVでもこの財務会計の知識は重要になってきますので、事例IVも理解できるレベルまでに徹底的にやり込みたいです。

あと、最近の出題傾向として簿記1級の問題も多くなってきたような気がします。
IFRSの論点はあまり出ないでしょうが、それでも基本的な内容をだいぶ忘れてしまっているので、軽くおさらいしたいですね。
そして、簿記1級の方もいつかはリベンジしたいです。



【企業経営理論】
問題自体は面白いのですが、いかんせん問題文が非常に長く、眠たくなりますねぇ。
…時間帯的にお昼直後というのもありましたしf ^^;

思ったほど得点が伸びませんでしたが、まぁこんなものかな?と感じました。
実際は、会社戦略、組織論、労務関係、マーケティングの分野から出題されますが、過去問をやってもあまり通用しないような問題が多かったです。

この対策としては、日々の仕事についてもっと深く考えていき、どのようなアクションが最適なのかを常に考え抜く癖を身につけておくべきだと感じました。
また、新聞などをちゃんと読んでトレンドを押さえるのも大切でしょうね。

この科目は中小企業診断士の中で基本かつ重要な科目でしょうから、過去問ばかりでなく、もっと広い視点で経営を考えていければと思います。



【運営管理】
こちらは経営理論よりも現場に近い科目ですね。
私は工場や販売が好きなので、この科目はかなり面白かったです。

しかし、実際にやってみると問題文が短く、解答を絞るのがかえって難しかったですねぇ。
企業経営理論の問題と比較してしまいますので、なおさらです。

今回はかなり出題傾向が変わっているような気がしました。
比較的やさしい問題が多い店舗の分野で点を稼ごうと思いましたが、意外と難しかったです。
用語の覚えも曖昧でしたので、基本知識に加えて、製造業や販売・卸売業等の業務知識も押さえる必要を感じました。
スポンサーサイト