FC2ブログ

2013春のプロマネ申込!初の午前Iからフル参戦ですが…頑張って勉強し直します!

先日の資格ロードマップでも宣言しましたとおり、今度の情報処理試験は「プロジェクトマネージャ」を受験いたします!

この区分、他の区分に比べてヒューマン的な要素が高くて面白いですね。
情報処理という機械チックなイメージとはちょっと違う区分です(笑)



申し込む時、まだ午前Iの免除の有効期間かな?と期待しましたが、残念ながら去年の秋の回で終わってしまいました…

・2009年春・データベーススペシャリスト○←ここで午前I免除の権利を獲得
・2009年秋・システムアーキテクト×
・2010年春・プロジェクトマネージャ×
・2010年秋・システムアーキテクト○←ここで午前I免除の権利を獲得(免除期間を更新)
・2011年春(特別)・情報セキュリティスペシャリスト×
・2011年秋・ITストラテジスト×
・2012年春・情報セキュリティスペシャリスト×
・2012年秋・未受験(診断士2次とかぶったため)←ここで午前I免除の有効期限切れ

新試験になってからの成績を見ますと、うーん…、なかなかのボロボロ具合ですね(泣)

でも継続することが大切だと思っておりますので、諦めずに頑張ります!



ちなみに午前Iからの参戦は、今回初めてになります。

午前Iは、午前IIに比べて深い知識は必要とされないものの、かなり幅広い知識を問われます。
ソフトウェア開発技術者(ソフ開)時代みたいな80問くらい出た場合、6割である48問以上を正解出来れば午前に関してはパスできました。しかし、今回は30問しか出ませんので、18問正解出来ないとアウトです。

過去の体験談から申し上げますと、問題数の多い前者は意外といい点が取れやすいんですよね。
逆に問題数の少なめな後者ですと、1問のミスが致命的になってきます。
自分に得意な問題ばかり連続して出題してもらえればうれしいですが、苦手な問題ばかりですと、午前Iでサヨウナラ…、なんて恐ろしい自体もありうるわけです。
要は、問題数の少ない方がリスクが高い傾向にあるのでしょうね。

2010年の春に受けたプロジェクトマネージャの午前IIでは、14問(正答数)/25問(全問題数)で、「1問の壁」に泣きました。

同じミスは二度としたくないので、午前問題は徹底的にやっていきます。



今回はかなりヘビーですが、たまには午前Iもやらないと脳が鈍りますからね♪
新人の時に猛勉強したソフ開の受験時を思い出して、また勉強し直します!

…今となっては、一番苦手な分野はアルゴリズムです。
(高度区分で全く出てこなくなったので、すっかり忘れてしまいましたf ^^;)
スポンサーサイト



読書ログを始めたきっかけ

今回は私が読書ログを始めたきっかけについて書いてみたいと思います。

それはズバリ、「本棚を整理したい」ためです。
現在進行形で、妻からいい加減に本を片付けてほしいとのクレームをいただいておりますf ^^;;;
よくよく見てみると本当に本だらけで、本棚にしまいきれずあふれかえっている時期もありました。
さらに、受かっていない資格試験の参考書も膨大なスペースを占めておりますので、「一体これはどうしたものか?」と悩んでおりました。

そこでいろんな本を読んでみましたが、本って「大事に取っておかずに消耗品で使ってもいいものなんじゃないかな?」と思い始めました。
もちろん本を粗末に扱うのはいけないです。しかし、自分や周りのためになるのであれば、遠慮なくマーカーやメモを本に書き込んでもいいし、大事なページだけをちぎってノートに貼り付けるようなこともしてもいいと思えてきました。
むしろそういった使われ方が、著者が望んでいることかもしれません。

私はあまり本や参考書に書き込むのは好きじゃないんですけれども、そういった考え方もアリなのかな?と感じました。



私が本をとっておきたいというのは、おそらく「いつか本を読むから」という気持ちが強いからだと思います。
でもそういった本は結局、「一回読んだらずっと読まないまま」になってしまうんですよね(苦笑)

ならば、読み終わったらさっさとその本を読みたい人に譲ったり、売ってしまった方がいいですね。
(広い家ならともかく、限りあるスペースで本ばかり置けませんからね)
その本をまた読みたくなったら、また買い直せばいいだけの話ですし。

しかし、その買い直す際に「どんな本だったけな?」と思いだすのが大変なので、そのためのインデックスとして、読書ログを始めました。

タイトルだけ眺めても、「自分はどんな本を読む傾向にあるのか?」とか「この時期はどんな事を考えていたのか?」といったのが分かりますので、楽しみですね!
それに、月間の読書冊数が見えてくると、「来月はもっとたくさん本を読むぞー!」といったモチベーションにもつながりますので、これは面白そうです。



学生時代は全く本を読みませんでしたが、就職の際の「履歴書の趣味・特技欄に書く定番:読書」を毎回書いておりました(笑)
これからは、本当の趣味としたいところですね。

やっぱり人と会うのは楽しい!中小企業診断士懇親会@横浜

先週、中小企業診断士の懇親会@横浜に行ってきました!

診断士の勉強会には今まで何回か参加させていただいたことはあるのですが、今回みたいな懇親会は初めてでした。
50人くらいの参加で、ほとんど初対面の方ばかりでしたが、新しい人とお会いすることができて楽しかったです。
名刺交換もたくさんさせていただきまして、本当にいい刺激になりました。

また、私は診断士の「事例Tシャツ」なる限定品を頂戴いたしました!

事例Tシャツ(表)

事例Tシャツ(裏)

2012年・事例IIの地元焼酎をモチーフとしたTシャツが当たったのですが、私はお酒が大好きなのでとても嬉しかったです。
しかも実際の本試験では、この事例IIで大きく足を引っ張ってしまいましたので、感激(悔しさ!?)もひとしおでした。
Tシャツを作っていただいた方には、本当に感謝しております。
焼酎のラベルには深い意味が込められているらしく、「診断士になるための二つの大きなヤマをぜひ乗り越えてください!」という力強いメッセージを頂戴いたしました。
ぜひ今度の2次試験にはこれを着て、勝利します!



mixiで勉強会のコミュニティに参加していた時もそうだったのですが、新しい人と会うのはやはり楽しいものですね!
私は勉強で自己を高めるのが大好きなので、同じ目的を持った方同士での会話は本当に楽しいものです。
今は、インターネットによるブログやSNS等のツールが充実しておりますので、勉強仲間や飲み仲間を気軽に探せるのがいいですよね。

しかし、大勢の方とお話ししたものですから、まだあまり顔と名前が一致していません。
(…まぁ逆に、私の方もそんな感じに思われちゃっているかも知れませんがf ^^;)
なので、今回の出会いだけで終わらず「今後も定期的に連絡を取れたらいいなぁ」と思っています。

また、いろんな勉強会の案内もいただきました。これからは積極的にあちこちに顔を出して、皆様からいろんな刺激をいただきたいです。
面白そうな勉強会がとても多かったので、時間の許す限り、診断士の各勉強会をハシゴしてみたいですね。

その時はよろしくお願いします(ーー〃



診断士は資格の特性上、経営の事や独立を考えていらっしゃる方が多く、とても前向きで社交的な方が多いのが特徴ですね。
私は独学でやってきた人間なので、こういったやる気のある方とたくさんお話しできると非常に心強いです。



やはり、人と会うのは楽しいものですね!
また来年もぜひ参加したいです。

~資格ロードマップ2013~

今年の取りたい資格をリストアップしてみました。
数年前の自分と比べると、だいぶスッキリとしてきてます(^^〃

--------------------------------------------------------------------

 ・2013.04 プロジェクトマネージャ
 ・2013.05 FP技能士・2級
 ・2013.10 ITストラテジスト(診断士とかぶらなければ)
 ・2013.10 中小企業診断士(2次試験・記述)
 ・2013.12 中小企業診断士(2次試験・口述)

--------------------------------------------------------------------



まずは、一昨年から挑戦している中小企業診断士のリベンジですね!
2011年で1次不合格、2012年で1次合格・2次不合格ときています。
この流れからいくと、今年の2013年は2次も合格して、いよいよ診断士を完全制覇できそうな気がいたします!

昨年の2次でだいぶコツは掴み、おおよその勘所は把握できました。
あとはアウトプットの演習をいかに多くこなすことと、基本的な内容を忘れないことに徹していきます。

今までも経験しましたが、資格試験を再受験する場合は、初回受験時よりも気持ちを楽にして勉強・受験するようにしています。
そうすると、初回受験時には分からなかったことやモヤモヤとしていたものが急に紐付いてきて、急に視界がパアッと開けるような時があるんですよね。
今までもその作戦で上手くいきましたので、今回もそれにすがってみることにしますf ^^;



情報処理試験は続けることにいたしました。

しかし、かつて私が書いてきたような勉強日記!みたいなものは書かず、どちらかと言えばひっそりとやっていく方向で考えております。
…最近の情報処理試験は、かなり採点に納得のいかないものが多く、悔しくてもう受験したくない!と思わず叫びたくなるほどです(笑)

でもこの試験、なぜかまた受けたくなってくるんですよね。
その理由として、最近の時世・トレンドを反映した、深く考えさせられるいい問題が多いのが挙げられるかもしれません。
まぁ「スキル維持狙い」として情報処理試験を勉強し続けるのも悪くないかな?と感じました。

区分としては、2010年に午前IIを1問足らずで惜しくも(?)不合格となってしまった、「プロジェクトマネージャ」を選択いたしました。
連敗中の情報セキュリティスペシャリストと悩みましたが、今はプロマネみたいな管理職の仕事に興味があります。そして、これで学んだことをぜひ仕事や家庭にも応用できたらいいなぁ、と思ったからです。

また、秋の試験として2011年に不合格となった、ITストラテジストもできれば受験したいです。
しかし、時期的に診断士の2次とかぶりそうなので、去年と同様、スケジュール的に実現出来ないかもしれません。
でも、診断士との関連性は非常に高いものがありますので、診断士2次の受験日の1週間前に上手く情報処理試験の試験実施日が決まってくれると嬉しいですね。

多分、昨年の情報セキュリティ落ちの時には「情報処理試験は卒業する」的な日記を書いたかもしれませんが、忘れてくださいf ^^;;;



あと、個人的に重要と思っている、FP2級も挙げました。

本当は今年の1月に受験予定だったのですが、申し込み期限を過ぎてしまいました…。
くれぐれも↓の件は忘れていただきますよう、よろしくお願い申しあげます。
http://cap20120401.blog.fc2.com/blog-category-7.html
(…たびたびすみませんf ^^;;;;;)

このFPは本当に勉強になりますね。
厳しい経済状況であるこのご時世の中、お金の上手な使い方が体系的に学べます。

ただ、政権も変わったので、年金等の数値や政策関連が大幅に変わりそうな気がします。そのため、今このタイミングで勉強するのは若干萎える気持ちがあります。
でも、ある意味変化していること自体を学ぶのも重要かもしれませんね。
基本的な考え方や仕組みは変わらないでしょうから、生涯学習も兼ねて学習していきたいところです。



いろいろと書きましたが、上記で挙げた資格リストは、いずれも「私の将来にとって非常に重要なもの」ととらえております。

再受験の資格が多いですが、もう後がない!といった、ビハインド的な気持ちはあまり持っていません。
むしろ「初受験の時よりも、いろいろと経験できている強みを持っている」ととらえております。

初受験でこれらをすべて達成させるのは困難かもしれませんが、リベンジだらけの今となっては、恐れることは何もありません(笑)



あとはいかに実現をさせるために、今やるべきことをコツコツと努力するだけです。

さぁ三十路を目前にしての、ここ一番!
「頑張るぞ!!!」

2012・中小企業診断士(2次)の結果報告と敗因分析

中小企業診断士2次の、成績の報告が遅くなってしまいました(_ _〃

・事例I(組織・人事)
 →評価:B
・事例II(マーケティング・流通)
 →評価:C
・事例III(生産・技術)
 →評価:B
・事例IV(財務・会計)
 →評価:B

総合評価:C

(評価基準)
評価A(60点以上)、評価B(59~50点)、評価C(49~40点)、評価D(39点以下)

事例II以外全てBまでもらえたのは、驚きでした。
しかし、総合がCなので事例I, III, IVもお情けでやっといただいたようなBかもしれませんねf ^^;



今回受験してみて、分かったことがあります。

それは、
・「事例I, II, IIIで大きなミスをしない」
・「事例IVで確実に点を稼ぎにいく」

この2点が合格のコツと感じました。

事例IIは問3のコーズリレーテッドマーケティングを間違えてしまいました。
それだけの間違いだったらまだ傷は浅いのですが、後続の問4には問3で問われている論点について解答をしてしまいました。そのため、このミスで少なくとも40点は失点したと思います。
こういった落とし穴を避け、ズレない無難な解答をするのがA評価への近道なのでしょうね。
(誤解を恐れずに言えば、他の多くのみんなが書くような平均的な「セオリー通りの解答」ができればよいと思います)

事例IVは、問題形式自体は新傾向だったものの今振り返ってみますと、問われている論点は基本的なものばかりだったような気がします。
結果的にB評価でしたが、それでも半分近くの問題を解答することができませんでした。
やはり、「問題慣れしていなかった(全く違う形式の問題に遭遇した時のトレーニングができていなかった)」のと、「基本的な財務・会計の知識がまだ弱かった」のが原因でしょうね。
だから、改めて基礎を見直すことにします。
特に、ファイナンスや管理会計の論点を勉強し直したいですね。
また、簿記1級・原価計算の科目との結びつきも強いので、簿記1級も勉強したいです。
(…こちらもいつかリベンジしたいですf ^^;)

事例I, IIIはそこまで難しくなかったものの、あまり納得のいく解答を書くことはできませんでした。
これらの対策をどうすればよいのかが悩みどころですが、やはり「与件文の徹底的な読み込み」と「設問に対する忠実な解答」を意識することに尽きるのでしょうかねぇ?



いずれにせよ、今回の診断士2次は圧倒的な演習量の不足が原因で、残念な結果に終わってしまいました。

まだ今後の学習計画が具体的にイメージできておりませんが、今年も始まったばかりですし、ここからまた再スタートします!

読書ログ、始めました!

今年から新しいことを始めたいなぁと思いまして、当ブログに読書カテゴリーとして「読書ログ」を追加してみました!

中谷彰宏さんの本を読んで「このアイディアいいな!」と思ったのがきっかけです。
以下、参考にさせていただいた引用文と、URLを掲載いたします。

「本のタイトルだけを書く読書日記をつける。」
 (大人のスピード読書法・140ページの表題より引用)

【参考URL】
http://www.an-web.com/

中谷彰宏さんの書籍は非常に分かりやすく、また面白い本ばかりで、私の読書ライフでも大変お世話になりました。

当初は本のレビューや感想を書くのもいいなぁとは思ったのですが、それだと自分の性格柄、あまり続かなそうだと思いましたf ^^;
なので、読んだ本のタイトルと著者名・出版社名を書くだけにします。

もちろん印象に残った本や面白い本、本に対するこだわりや想い、本で勉強したことや新発見等は、随時この「読書」カテゴリーに掲載していく予定です。
そこら辺はいろいろとやってみて、自分にしっくりくる方法を試してみます。



月末か翌月初あたりの月一ペースで、読んだ書籍をまとめて書ければいいですね。

狙いは、自分の月間の読書に対する取り組みを分析・評価し、今後の人生の糧にすることです。
…副次的な効果として「本棚に溜まっている書籍を整理したい」というのもあります。
(どちらかと言えばこちらの方が真の狙いかもしれませんf ^^;)

ジャンルは活字モノのビジネス書籍が多くなるでしょう。しかし、資格の本や小説、マンガ、絵本等、これは!と思った本があればジャンル関係なく紹介していく予定です。



下記のようなスタイルにする予定です。
------------------------------------

件名:YYYY年MM月に私が読んだ本

本文:
【0】タイトル(著者名(敬称略)/出版社名)

※【】内の数字は、その月に読んだ冊数の累計です。

------------------------------------



本に対する想い、ぜひ熱く語りたいですねぇ~!

どうぞお楽しみに☆

2013年は、攻めの姿勢で臨みたい!

今年のおみくじは、【吉】でした。
なかなかいいですねぇ!今年も良い1年となりそうです♪



今年は政権交代の影響が大きく、景気回復の期待大ですね!
特にデフレ脱却による金融緩和政策の公表がシグナル効果として、急激な円安になってきていますね。
ちょっと過度なインフレとなる懸念もありますが、私としてはリーマンショック以降の閉塞感を打破させるという意味では、いい流れだと判断しております。
ここ最近はいろんな辛いことばかりで続きで日本が本当に大変でしたので、そろそろ景気回復をしてほしいところですね。



詳細な目標は後日いろいろと考えていきますが、今年は「攻めの姿勢で臨みたい」と思ってます。
資格を中心に今までいろいろと勉強してきましたので、そろそろこれらの蓄積を何らかの形で一気に開花させていきたいです。



あと、今年はいろんな人とお会いしたいなぁ、と考えております。
新しい人との出会いも大事にしつつ、最近あまりお会いできていない既存の方ともどこかでお会いできればいいですね。



そして、家族を大事にしていきます。
昨年は家族と過ごす時間が少なめだったので、もう少し何とかしていきたいところです。
もっとも、これは意識をし過ぎるとかえって義務感に駆られて、逆に辛くなりそうな気もします。なので、楽しみながら生活していくスタンスを取った方がいいかもしれませんね。

子供の成長はあっという間ですから、小さいうちにできるだけいろいろと思い出を作りたいですね☆

子供もあちこち走りまわるようになってきましたので、今年はかなりアクティブな年になりそうです。



では今年も楽しい1年にしましょう☆

2013年、初日記☆

新年明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
20130103.jpg

初日の出をカメラに収めることができましたので、アップします。
ちなみに、湘南海岸の初日の出です。
湘南の地に住んで早10年が経過しましたが、落ち着いた感じでいい場所ですね☆

日の出直後の6:50くらいは雲に隠れていていましたが、20分くらいしてようやく望むことができました。

休日は朝寝坊することが多いので、今年こそは早起きしたいなぁと強く願うワタクシなのでしたf ^^;