FC2ブログ

保育園の懇談会。ママさんばかりで緊張しましたが…

先週、会社の有休を使って、保育園の懇談会に出席しました。
(今の会社は仕事が多いものの、休みを取りやすいので本当にうれしいです)

経済事情から共働きなため、有休はもっぱら子供のイベントや団欒等で消化という形になってしまいましたね。
でも、それはそれで充実しております。
適度な休みは仕事の活力にもつながりますからね。それに今の時代の旦那さんは、家庭のことも多少できないと、奥さんに見放されてしまいますし…

…というのは冗談で(笑)、息子の保育園の懇談会に参加しました。



主に、「最近の子供の様子」や「困っていること・悩んでいること」といった、保育園と家庭間での情報共有・意見交換を行いました。

具体的には、保育園の先生から現在の様子(食事・遊び・生活習慣の内容)を教えていただきました。
その後、「家庭でのお子さんの様子を教えてください」という話になりました。

この懇談会の場にいた男性は私一人だけでしたので、緊張しました。
だって、女性の方が会話上手ですし、話している最中に(この人イクメンぶってるわねぇ)とか思われたら嫌じゃないですか(笑)

しかしそんな心配は杞憂に終わりました。
「ご飯は大好きだけれども、たまに意地を張っていつまでも残してママとけんかになり、私が仲裁に入る」、「パパと一緒に寝るのはまだ嫌なようで少し寂しい」、「でも新しいことにチャレンジしようという積極性があるので、ぜひ応援したい」といった、雑談トークみたいな感じになってしまいました。

でもこれって他のご家庭にもありがちな、いわゆる「あるある」話だったのですね。
他のお母様方にも共感を持っていただいたようで、ホッとしました。
また、他のお子さんの状況も伺うことができて、楽しかったです。



たまに保育園にいる息子を迎えに行ったりするのですが、改めて思ったこと。
…それは、「保育士の仕事って大変だなぁ」ということです。
本当に大変ですからねぇ。
特に男の子はパワーがありますから、男性の私でも不意打ちを食らうことがよくあります(笑)
なので、保育園の先生には毎回、感謝の言葉を伝えております。
ぜひ今後は、保育園の先生方と連携をしていくとともに、パパさん・ママさん友達がほしいなぁ、と思ってます。



あまり書かない親バカ日記ですが、今後はこの「子育て」のテーマも充実させていきたいですね☆
スポンサーサイト



久しぶりに情報処理試験の勉強をしてみると…、午前問題が堪えるねぇ

今度の春に受験するプロジェクトマネージャ試験(2度目)は、午前Iからの参加なのですが、今は何気に午前問題がしんどいですねぇ。

この理由、なぜだかあまりよく分かっておりません。
おそらく実務の経験が増えてきて、勉強スタイルも実務寄りに傾き始めたためなのかな?と思っております。
学生時代や新人のときは、午前問題に関してはどんな問題が出ても食らいついて毎回8割以上の正答率を確保できていたのですが、不思議なものですね。
逆に、以前苦手だった午後の事例式の記述・論述問題は、今は割と好きになりました。



しかし、午前問題の苦手は何としてでも払拭しないといけませんので、コツコツと頑張るしかないでしょうね。

特に、エンベデッドスペシャリスト固有のハードウェア問題が全く分かりません…。
ITECの午前I対策問題集には結構載っていましたが、これは捨て問にしてもいいでしょうかね(汗)

全部で600問くらいありますので、早いところこなして午前IIや午後I, そして論文の午後IIにも入りたいところです。
1月から会社の昼休みの合間を縫ってコツコツ勉強していますが、それでも現在の進捗は約1/3程度。
もっとスピードを上げねば!

まともに午前の勉強をするのは新人のソフ開受験時以来ですが、これを機に知識の棚卸しをしてみます。
今はすっかり営業の顔になってしまいましたが、そこは元SEのプライドに賭けて…頑張っちゃる!

この時期で大きな収穫となった、事例IV勉強会@湘南!

昨日は、Low*さん主催の「湘南勉強会・事例IV解きまくり大会」に参加しました。

事例IVの以下の論点を解きました。

・経営指標分析
・キャッシュフロー計算書(間接法)
・CVP分析
・経営レバレッジ係数
・期待値、標準偏差、共分散、相関係数
・デシジョンツリー
・自己資本コスト(CAPM)、加重平均資本コスト(WACC)
・正味現在価値(NPV)
・企業価値算出

朝の9時から18時くらいまでみっちりやったので、おかげで事例IVはほぼ網羅できました。

しかし、問題は全く解けませんでしたねf ^^;

私は、1次の財務をやって、2次の事例IV対策もそれなりにやってきたつもりではいました。しかし、実際に問題を解いてみないと、自分の本当の実力が分からないものですね。
「頭では分かっていても、それを書いたり説明したりする、といったアウトプットができていなければ、理解したことにならないのだな」と、痛感させられました。

昨日は解けなかった問題がたくさんあったので正直キツかったのですが、今の時期でこれに気付けただけでも大きな収穫でした!
おそらく、この気づきが人間を成長させる源泉なのかもしれませんね。

また、私は今まで独学で勉強をしてきましたが、それでも2次の学習は一人でやるのが本当に難しいです。
スクール通いでもOKでしょうが、勉強会など何らかの形で人と会って話をすると、不思議と難関論点が理解できるようになるんですよね。
さらに、モチベーション維持にもなりますので、他の人に支えてもらうのは大きな効果だと感じました。
しかも、今回は周りの方のレベルが非常に高かったので、「何としてでも追いついて、皆さんに迷惑をかけないようにしなきゃ!」といったプレッシャーもありました。
これもいい方向に働いたようで、重要なことをたくさん持ち帰ることができました。



いずれにせよ、この時期で事例IVの大半を押さえることができたのは本当に大きな収穫でした。
まだ勉強スピードは遅めですが、今はそれでいいと思ってます。
その代わり、基礎から一歩一歩着実にやっていきます。

久しぶりの診断士勉強会!

明日は、久しぶりの診断士の勉強会@湘南です!
…勉強仲間に怒られそうですが、今年に入ってからは、診断士の勉強を全くしておりませんf ^^;

オフシーズンのときもせめて財務だけはやっておきたかったのですが、やはり人間どうしても怠けてしまうものですねぇ。
毎回年初は必ずと言っていいほど目標を立てるのですが、2月になるとこれまた怠けるお決まりのパターンございます(苦笑)



前回の日記にも書きましたが、やはり他人の強制力により自分をコントロールしてもらうことが、自分にとっては一番いいですね。
逆に、自分自身も他の勉強仲間を励ましたりできるよう、お互いに支え合って、皆さんでぜひ合格を勝ち取りたいものです。

さぁ、明日は9時半から18時までみっちり二次・事例IVのトレーニングに励みます!
一次もそうですが、やはり「財務を制する者は、診断士を制する」という言葉につきますね。
ましてや一昨年あたりから事例IVは、より財務色が強い傾向になりましたからね。

とはいえ、今の時期は、あまり勉強をしない人が多いかな?と思います。
こんな時は無理に頑張りすぎず、ギアをローに入れながらも楽しく勉強する戦略がいいですね。

去年の二次試験以降は診断士の勉強を全くしておりませんので、問題を解くのがちょっと怖いです((( ;゜ Д ゜)))

「他人を巻き込む力」で、勉強を継続する!

「今年こそは診断士に絶対合格したい!」と意気込んだものの、まだ半年以上も期間がありますので、正直勉強のやる気が全く起こりません…。

いろんな試験勉強をやってみて感じたことなのですが、自分の場合「試験の直前期にならないと勉強をしない」傾向にあるんですよねぇ。
この特性は人によって違うのかもしれませんが、自分のようなタイプの人も結構多いんじゃないかな?と思います。
…小学生の夏休みの宿題も、毎年必ずと言ってよいほど終盤になってから慌ててやり始めてましたしf ^^;

自分は、勉強することは苦手ではなくなりましたし、それなりの資格試験も取得できているんじゃないかな?と思っています。
しかし、勉強するときとしないときの波が激しいんですよねぇ。

勉強するときはいいのですが、勉強しないときは本当に全然勉強しません。ですので、この勉強していないときを上手くコントロールできると、もっといい結果が得られるような気がいたします。
また、勉強するときもあまり追い詰めすぎてしまうとかえって疲れてしまうパターンが多かったです。
いずれにせよ、試験までの期間による多少のやる気の波はあれど、「出来るだけやる気を高めな水準で平準化できる」仕組みが必要だと感じました。



幸い、診断士の資格は前向きな方や社交的な方が多い関係上、勉強会があちこちで行われています。
ぜひこれを利用して、モチベーションを維持したいです。
具体的には、参加の約束をすることによって、必ず勉強しに行かなければならない、行かないと皆さんに迷惑をかけてしまう。といった、いわゆる「他の人を巻き込み、自分をコントロールしていく」ことを考えております。



早速、今週末に湘南の診断士勉強会(事例IV解きまくり大会)の申込みをしました。

まだそこまで勉強のモチベーションが高くありませんが、今はとにかく動くべき時期だと思っております。
こんな時こそ上手に自分をコントロールしていきたいものですね。

結局、「継続すること」が真の強さなのだと感じます。
『諦めさえしなければ、いつかは絶対合格できる』のですから!

ヒトカラライフ、START!

今年はちょっとしたことをいろいろと始めたいので、お手軽なカラオケ通いをしたいなぁと思ってます。

今まで自分からはあまりカラオケに行くことはなく、ほとんど友人に誘われて行く形ばかりでした。
でも程良いストレス解消になることに気付きました。ぜひこれは趣味として取り入れたいですね。
安上がりなうえ、マニアックな曲を歌いたい場合でも周りの人に気を遣わなくて済みますしf ^^;

カラオケログとして、アーティスト別にライブを想定した順番で歌ってみて、そのアーティストの楽曲に対する想いや、歌ってみた感想を述べる予定です。

ジャンルとしては、自分が大好きな90年代のヴィジュアル系バンドを中心に展開していきたいです。
まぁ現在は、ヴィジュアル系から脱したバンドがほとんどなのでしょうが、分かりやすくヴィジュアル系(尊敬の念を込めて)というテーマで、歌を楽しみます。
正直「ヴィジュアル系」という言葉の意味自体、自分もあまりよく分かってません(笑)
ヴィジュアル系についてはちょっとしたこだわりがありますので、別途、自分が定義するヴィジュアル系の蘊蓄を語ってみたいですね。



自己満足なので、おそらくこのカテゴリーは私の日記の中でも一番ニーズが少ないものになってしまいそうですf ^^;

でも、たまにはこんな日記を書くのも面白いかな?と思いますので、ちょっと書いてみました。
そして、自分の下手な歌唱力も少しは向上させたいです。

どうぞお楽しみに!

2013年01月に私が読んだ本

【1】★★★大人のスピード読書法(中谷彰宏/ダイアモンド社)
【2】★★★大人のスピード勉強法(中谷彰宏/ダイアモンド社)
【3】★★★「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55(古市幸雄/マガジンハウス)
【4】★★★スッキリわかる日商簿記3級(滝澤ななみ/TAC出版)
【5】★★★勝ち残りSEへの分岐点(三好康之/翔泳社)
【6】MBAファイナンス(グロービス・マネジメント・インスティテュート/ダイアモンド社)
【7】MBAアカウンティング(グロービス・マネジメント・インスティテュート、西山茂(監修)/ダイアモンド社)
【8】MBAマネジメント・ブック(グロービス・マネジメント・インスティテュート/ダイアモンド社)
【9】手にとるように経営のことがわかる本(牧野昇(監修)、奥山恵三(著)/かんき出版)
【10】★SEで成功する人 ただのSEで終わる人(高橋浩一 + ITキャリア研究会/中経出版)
【11】★35歳までに必ずやるべきこと 運をつかむ人になれ(重茂達/かんき出版)
【12】眠りのリズムを身につける!3時間熟睡法(大石健一/かんき出版)
【13】仕事に疲れない生き方 仕事で結果を出すやり方(西山昭彦/PHP)
【14】社長の仕事 IT業者を間違えないために(竹内康晃/日経BP)
【15】20代でしなければならない50のこと(中谷彰宏/ダイアモンド社)
【16】図解キャッシュフロー経営(小宮一慶/東洋経済)
【17】初心者のための「日経新聞」の読み方(町田顯/東洋経済)
【18】頼れる男(ヤツ)ほど存在感がある(岩泉拓哉/かんき出版)
【19】★20代からの自分を高める勉強法(中島孝志/こう書房)
【20】「朝30分」を変えなさい(高島徹治/KKベストセラーズ)
【21】頭にやさしい雑学読本 ちょっと意外ないい話(竹内均/同文書院)
【22】なぜ、30歳で差がつくのか(雨宮利春/実務教育出版)
【23】お金が貯まらない人の悪い習慣39(田口智隆/マガジンハウス)
【24】「幸せ力」をつける、ちょっとした生活術(斉藤茂太/マガジンハウス)
【25】「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術(松尾昭仁/日本実業出版社)
【26】会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール(福沢恵子、勝間和代/ディスカヴァー)
【27】★朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!(遠藤拓郎/フォレスト出版)
【28】自分の才能に気づく55の方法(中谷彰宏/海竜社)
【29】毎朝1分で人生は変わる(三宅裕之/サンマーク出版)
【30】★★頭のいい段取りの技術(藤沢晃治/日本実業出版社)
【31】★★20代でやっておきたいこと(川北義則/三笠書房)
【32】「頭のいい人」はシンプルに生きる(ウエイン・W・ダイアー、訳:渡部昇一/三笠書房)
【33】★★20代で人生の年収は9割決まる(土井英司/大和書房)
【34】プロ技術者になる!エンジニアの勉強法(菊地正典/日本実業出版社)
【35】★和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!(和田裕美/大和書房)
【36】★★★竹中先生、経済ってなんですか?(竹中平蔵、漫画:藤井昌子/DMD JAPAN)
【37】出世する人の仕事術 あなたの能力を引き出す12の極意(ステファニー・ウィンストン、訳:野津智子/英治出版)
【38】★「運をつかむ人」16の習慣(マーク・マイヤーズ、訳:玉置悟/三笠書房)
【39】★とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方(豊田圭一/明日香出版社)
【40】★できる人は満員電車に乗らない(松尾昭仁/KKベストセラーズ)
【41】必ず「頭角を現す社員」45のルール(吉越浩一郎/三笠書房)

※【】内の数字は、その月に読んだ冊数の累計です。
※ ★(最高で3つ)は、個人的に面白い!と思った本です。現在の状況から主観的に決めているものですので、あくまでも本自体の良し悪しを意味しているものではありません。

---------------------------------------------------------------

年初ということで気合いが入りすぎ、かつ休みが多かった、というのも相まって、結構読みましたねぇ。
2月からは資格の勉強も少しずつやっていきたいので読書数は少なくなるかもしれませんが、読書はぜひ継続したいものです。

…やはり、もうすぐ三十路になることから「20代」というテーマの本が目立ちますねf ^^;
ちょっと焦っているのかも!?