FC2ブログ

年々ひどくなってくる花粉症…。ついに耳鼻科デビュー

今年の花粉は、例年に比べて5, 6倍の飛散量と言われているようですねぇ。
花粉症とは、かれこれ10年くらいからの付き合いになります。
20代前半くらいまでは割と楽な感じで、花粉症というよりはちょっと喉が痛いかな?といった、軽い風邪みたいな感じでした。
20代後半からは徐々に花粉症特有の症状が出始めたんですけれども、それでも軽度だったので市販の鼻炎薬で抑えておりました。

でも、今年はもう…最悪!です(×_×)

この前の土日なんか特にひどくて、せっかくの暖かい行楽日和なのにもかかわらず、寝込んでしまったくらいです。
(まぁ最近仕事がいろいろと立て込んでいるので、ちょっと寝たかったというのもありましたがf ^^;)

あまりにも何もできないので、意を決して耳鼻科に行きました。

もっと早くに病院に行けばよかったのですが、あんまり病院には行きたくなかったし、薬にも頼りすぎたくないなぁ、という変な意地がありました。

結果、行ってみて良かったです。



どうやら花粉症は治るようなものではなさそうですが、日々の生活習慣等によって、少しは改善できるようです。
なので、これを機に生活習慣を少し見直したいところですね。
独身時代(特に大学生の時)に比べて、かなり生活習慣が改善されました。しかしもうそろそろ30歳ですし、花粉症とは別にしても、身体にも気を遣わないといけませんね。



あと、いろんな花粉症対策グッズや食べ物を試してみましたが、効果があったりなかったりするのを検証するのが何気に面白かったです。
花粉症の悩みを抱えている人間ならではの楽しみ、といったところでしょうか?

個人的な感想(自己満足?)なので参考にならないかもしれませんが、もしニーズがあれば掲載していきたいと思います。

…まだ花粉は多いですが、頑張って耐えていきましょう!
スポンサーサイト



2013年02月に私が読んだ本

【1】★一冊の手帳で夢は必ずかなう(熊谷正寿/かんき出版)
【2】★★新版 28歳からのリアル(人生戦略会議/WAVE出版)
【3】28歳からのリアル マネー編(人生戦略会議/WAVE出版)
【4】下剋上の時代を生き抜く即戦力の磨き方(大前研一/PHPビジネス新書)
【5】お金の流れを呼び寄せる頭のいいお金の使い方(午堂登紀雄/日本実業出版社)
【6】★★無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法(勝間和代/ディスカヴァー・トゥエン7ティワン)
【8】★無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法(勝間和代/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
【9】★はじめての課長の教科書(酒井穣/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
【10】★忙しい人の即効!勉強術(臼井由紀/すばる舎)
【11】朝10時までに仕事は片づける(高井伸夫/かんき出版)
【12】★仕事ができる人はなぜ「あそび」を大事にするのか チャンスをつかむバッファー術(美崎栄一郎/実業之日本社)
【13】もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海/ダイヤモンド社)
【14】週イチの早起きで、「朝型人間」の誕生!!(税所弘/三五館)
【15】若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来(城繁幸/光文社新書)
【16】★仕事の「5力」(白潟敏朗/中経出版)
【17】★汗をかかずにトップを奪え! 『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾(三田紀房/大和書房)
【18】★★稼げる人、稼げない人 いま企業がもっともほしい人材とは(高城幸司/PHPビジネス新書)
【19】暗証番号はなぜ4桁なのか? セキュリティを本質から理解する(岡嶋裕史/光文社新書)
【20】★★SEという仕事 上司の考えること、部下の考えること(三好康之、井門良貴/日経BPソフトプレス)
【21】★SEの文書術(克元亮/技術SE新書)
【22】なくてはならない人になる(中谷彰宏/ダイヤモンド社)
【23】あたりまえだけどなかなかできない営業のルール(西野浩輝/明日香出版社)
【24】若きサムライたちへ 自分を生きる10のメッセージ(中谷巌、田坂広志/明日香出版社)
【25】★★仕事は、こんなに面白い。 新人時代の頑張り方がわかる70の方法(中谷彰宏/PHP研究所)
【26】レバレッジ勉強法(本田直之/大和書房)
【27】人を動かす「文章術」 機能的に情報を伝えるための実践スキル(川辺秀美/PHPビジネス新書)

※【】内の数字は、その月に読んだ冊数の累計です。
※ ★(最高で3つ)は、個人的に面白い!と思った本です。現在の状況から主観的に決めているものですので、あくまでも本自体の良し悪しを意味しているものではありません。

---------------------------------------------------------------

ちょっと前にベストセラーになった書籍が多いですね。
SE系の本が目立ちますが、実は新入社員のときに買いだめしておりました。

買いだめしていた書籍は、一回読んだっきりであまり読み返すことはなかったです。しかし、ある程度年数が経過した後で改めて読んでみると「当時の自分はこんなことを考えていたんだなぁ」といった気付きが得られますので、面白いものですね。

資格勉強の兼ね合いもありまして3月と4月の読書量は少なくなるかもしれませんが、読書は継続したいものです。

ありがたき過去のストック。午前I, IIは問題ナシ!?

まだプロジェクトマネージャ試験の午前対策は途中ですが、難しい午後もやっておかないといけないし、診断士の財務も定期的にこなさなければいけません。
なので、取り急ぎプロマネ直近3年分の午前I, IIを解いてみました。
結果は、以下の通りです。

【午前I】
2010年春:29/30
2011年春:28/30
2012年春:27/30

【午前II】
2010年春:21/25
2011年春:21/25
2012年春:19/25
(正答数/全問題数)



当初「午前問題はすっかり忘れてしまったので、思い出すのがかなり大変になるだろう」と覚悟を決めておりました。しかし、予想に反してかなりいい出来でしたので驚きました。
かつて14問しか正解出来なかった2010年春のプロマネ午前IIも、今やってみるとだいぶ出来がよかったので、とても気持ちが良いです。

おそらくこれは、知識をストックしてきた過去の自分による恩恵と評価しております。
特に、新人の時にソフトウェア開発(今は応用情報に相当)を勉強した分の努力が大きく効いているんじゃないかな?と思っています。
…思えば、あのときは仕事も全くできず将来が不安で、何もかもが本当に大変でした。
しかしそれでも諦めずに努力を続けた結果、数年の時を経てパワーアップできたような気がします。
初めて勉強する時はしんどいですが、一回苦労して覚えると意外と忘れにくくなるものなのですね。

今まで勉強を頑張ってきた過去の自分に、本当に感謝しております。
そして、知識から「知恵」に転化させることにより、一生使えるモノとしていきたいところです。



午前はいったん切り上げて、そろそろ午後対策にシフトしようかな?