FC2ブログ

診断士のイベントはやっぱり楽しい!

1月は、以下の2つの大きなイベントに参加しました!

・SMECs新年交流会2015!!(2015/1/17実施)
http://smecs.jp/

・「待ってろ、診断士!」出版記念セミナー(2015/1/23実施)
http://kokucheese.com/event/index/253543/

前者は神奈川県の横浜で開催しましたが、とても人数が多くて、多くの方から素晴らしい刺激を受けました!
…ただ、私と同じくらいの時期に診断士の勉強をされていた方のほとんどがすでに合格されていたのは、ちょっと悔しい気持ちでしたが(苦笑)
ぜひ今年こそは合格して、先輩方と一緒にお仕事がしたい気持ちがより一層、高まりました。
参加された方とも、仲間でありライバルであるような、良い関係を築いていきたいですね。

後者は、東京都の後楽園で開催されました。
セミナー内容は、格別に素晴らしいものでした!
具体的には、診断士の著者の方から「待ってろ、診断士!に書ききれなかったコツ」や「診断士合格に必要なこと」について、力強い応援メッセージとともにレクチャーをいただきました。
さらに、著者の方々から貴重なサインも頂戴しましたので、本当に感謝です!
ぜひ今年に合格して「待ってろ、診断士!2」を執筆できたらいいなぁ、とふと思いました。
また、同友館の編集長さんともお知り合いになれましたし、本当に充実した時間を過ごせました。



この1月は貴重なイベントに参加することができて本当に良かったです。

…ただ、振り返ってみると昨年末から走りすぎたところもありました。
無理をしすぎるのも良くないと思いますので、2月はギアをローにして休みを入れつつも、春への準備をしていきます♪
もうそろそろ、知財3級も射程圏内に入りそうなところですし( ̄ー ̄)
スポンサーサイト



7月の経済学検定(ERE)の受験は中止にしましたが、その代わりに…

今年の7月に予定していた、経済学検定(ERE)ですが、早くも取りやめにさせてください(_ _〃

理由は、
・教材が少ない
 →公式の過去問題集についている解説も少ないので、分かりづらい
・スコアで一喜一憂しても意味がない
 →あくまでも診断士1次の経済対策なので、スコアで油断したり意気消沈してしまっては元も子もない
・そもそも自分の周りに受ける人が少ない(というかいない…?)
・結果が分かる日が、診断士1次の受験日と同じくらい

であるためです。

決定的な理由は、一番最後の結果発表日のタイミングでしょう。
受けっぱなしで終わるのは、意味がありません。
また、過去問の解説も今一つサッパリとしていて、解説を読んでもあまり理解ができませんでした。

もっとも経済学検定の受験者層は、大学の経済学部を専攻されている方が大半のようです。
単位取得や力試しの一環として、受験されていらっしゃるようです。
来年に診断士1次を受けられる方は、12月の経済学検定を受けるメリットは多少あるのかもしれません。
ですがそんな遠回りよりも、診断士の模試などを受験された方が確実かと思います。
(遠回りばかりしている私が言うのもなんですがf ^^;;;)



残念ながら経済学検定は受験しないことにしましたが、その代わり経済学関連の演習量を増やし、診断士の経済学・経済政策科目でどんな問題が出ても対応できるように準備します。

やりたいのは、優先度順に…
・診断士:過去10年分の過去問
・公務員試験:マクロ経済、ミクロ経済の過去問
・証券アナリスト:経済の過去問
・テレビ東京系列で放送している、経済番組の視聴
・日経新聞の購読

ですが、正直どれだけできるかは分かりません。
他の勉強や仕事、イベント等の状況を俯瞰的に把握したうえで、3月くらいまでは知財3級と診断士の財務・会計科目を並行しながら、経済を仕上げたいと思います。

もう少し解説と書籍の量が充実していれば、経済学検定はいい試験だと思うんですがねぇ。
ご参考まで。

■ERE 経済学検定試験
http://www.ere.or.jp/

過去:もっと早くやれば…、未来:チャンスを活かして結果を出そう!

中小企業診断士のイベントに参加することにより、診断士学習に対するモチベがまた高まった!
初学時を思い出して、また1次の経済学・経済政策から書いてみようかな(^^〃



…さて「今年に何としてでも合格する!」宣言をしたが、このタイミングで改めて自分の診断士チャレンジ履歴を振り返ってみたいと思う。

・2011年8月、1次不合格(法務、情報は科目合格)
・2012年8月、1次合格(法務のみ免除で再挑戦)
・2012年10月、2次不合格(事例I:B、事例II:C、事例III:B、事例IV:B、総合:C)
・2013年10月、2次不合格(事例I:B、事例II:B、事例III:B、事例IV:D、総合:C)

どうしても2次でA評価が取れないなぁ…
おそらくB評価の壁を乗り越えられないと(どんな事例でも安定してA評価を取れる実力を持たないと)、合格は不可能なように思える。
とにかく与件と設問をちゃんと読んで、素直に解答することを心がけよう。

さらに今年は1次からの挑戦なので、苦手な暗記系科目の「法務」と「中小」の勉強をまたやらなければならないのかと思うと、正直しんどい。。
特に中小は、出題範囲の2014年版白書が「中小企業白書史上最大となる量(約800ページ)」である。そのため、どこから出題されるか全く分からない恐ろしさがある。
今回に限っては白書を深追いせず、要約されたテキストや模試を利用した方が効率的だろう。



診断士を初めて受験したのは2011年だけども、その前に「診断士を受けるための準備をちゃんとやっておこう!」みたいなことで、簿記や情報処理試験、販売士、ビジ法、FPなどを学習していた。
だから「診断士に関係する勉強」という単位でカウントしたら、5年以上経過しているかもしれない。

ただ…今さらだけども、準備はほどほどにしてさっさと診断士を受験しちゃった方が良かったかもしれない。
先に受験した人は、すでに合格しているからだ。それだけ過去の俺は行動が遅かったと言えるだろう。

しかし過去を悔やんでも仕方ない。
まだまだ俺の人生、挽回できるチャンスはある。
その限りある少ないチャンスを最大限に活かし、これからの未来に向けて頑張ろう!!



…というわけで、現状を振り返ってみた。

こうみるといかに自分が結果を出せていないか客観的に把握できるし、何よりも自分自身を奮い立たせる意味で、非常に役に立つ。

今年の年末には、
・2015年8月、1次合格
・2015年10月、2次(筆記)合格
・2015年12月、2次(口述)合格

が書けるといいなぁ☆

経済学の学習で、最も参考になった書籍

また経済学ネタで、投稿します。
…どうもこの管理人は、一回書いたお気に入りのテーマをリピートしたがる傾向にありますねf ^^;



以前の日記では、診断士の経済学を理解する上で「公務員試験のテキストが役に立った」と書きました。
ですが、実は公務員試験のテキスト以上に物凄く役に立った書籍があります。

それは…
・速習 マクロ経済学(石川秀樹 著)
・速習 ミクロ経済学(石川秀樹 著)
の2冊です。

何が役に立ったのかといいますと、「とにかく分かりやすくて丁寧である」点と「自分が今どこにいるのかすぐに分かる」2点が役に立ちました。
具体的には、シンプルな経済モデルからスタートします。順を追って物凄く分かりやすく丁寧に解説されております。
また、例え話も豊富に散りばめられ、難解なマクロ経済学の理解が一気に進みました。
この書籍に出会うまでは、マクロ経済学は難解な数式や記号の多さに嫌気がさしていました。
しかし、この書籍ではそういった難解な数式や記号を全く使わずに、言葉を用いた具体例だけで説明されており、本当に分かりやすかったです。

さらに驚くべきことに…youtube上で無料動画が公開されています!!
初めて経済学という分野自体を学習したのは2011年ごろだったかと思いますが、この動画の情報量の多さに衝撃を覚えたほどです。
「なぜこんな講義を無料でやってしまうのか!?」と(笑)

ただ、あえて動画の難点を申し上げますと…
動画のトータル時間がが物凄ーく長いです。
(マクロ・ミクロ合わせると100時間を超えるかも?)

ただ今の時期は、8月の1次試験までだいぶ期間がありますので、今のうちに経済学を押さえておくと、本試験で圧倒的有利になるでしょう。
経済学は理解するまでは苦しいですが、一回理解すると一気に視野が開けます。



経済学のポイントは…やはり「グラフの動きを理解すること」でしょうね。
「なぜ財政投資をすると、IS曲線が右(上)にシフトするのか?」みたいなことをちゃんと一つ一つ理解されてから進まれた方がいいと思います。
また、グラフをいじったり、具体的なデータをを経済モデルに当て込むことによって、理解できる論点が多いので、この方法もアリかもしれません。

まぁ現実経済の常識では理解できない(通用しない)論点もたまにありますが、そこはあくまでも経済「学」です。
分からない論点が出ても深く悩み過ぎず、必要に応じて割り切ってどんどん進むことも必要かもしれません。

経済は、診断士1次試験の初っ端の科目なので、できればいいスタートを切りたいところですね☆



■フリーラーニング Free-LearninG For Your Extention(石川秀樹先生の経済学解説動画)
http://free-learning.org/?page_id=48

実は…診断士(1次)の経済学は、公務員試験の教材で理解しました

今さらな話ですが、私が言う経済学の学習とは、あくまでも「中小企業診断士試験基準での経済学」になってしまいます。
そのため、一般的な経済学をご存じの方にとっては、中小企業診断士の経済学はやや物足りないかもしれないことを、あらかじめご了承くださいませ。

…というのも、下記の資格試験で経済学が科目に含まれていることを知ったためです。
・公務員試験
・不動産鑑定士
・証券アナリスト
・公認会計士

書店で目についた資格だけでもこんなにありました。
もしかすると経済学が学習科目に含まれている資格試験は、他にもたくさんあるかもしれませんね。

特に公務員試験の経済学については、受験者も多いことから、テキストや問題集が非常に充実しております。
公務員試験の教材は、初めて経済学を勉強する上でとても重宝したのを覚えています。
…ちなみに、診断士の経済学のテキストはサッパリとしすぎて、当時の私の頭では全く理解できませんでしたf ^^;

経済学は面白いのですが、診断士は毎年科目ごとの難易度に大きなブレがあるのが、いやはや何とも…
勉強しても40~80点という、激しい年度ごとの難易度の格差に辟易してしまいますが、そのブレも極力最小限にすべく、頑張ります!

とりあえず診断士の過去問を改めておさらいして、公務員試験のマクロ・ミクロ経済の過去問に手をつけてみるのも一興ですかね?
他には証券アナリスト(1次)の経済科目も、診断士に近いような気がしました。
(証券アナリストは、財務分析科目の方も診断士対策に役立ちそうですね)

まぁ、経済学は追うとキリがないからほどほどにします(^^〃
…ただ、もう少し追いたいのが本音(笑)

「Win-Winの関係」を目指したい

このブログを始めて、いろんなカテゴリーについて綴っていきました。
今思いつくのでもこれだけです。

・経営、中小企業診断士
・IT、情報処理試験
・簿記会計
・FP、金融資産運用、保険
・法律
・読書、文書作成
・英語、TOEIC
・子育て、家庭の運営、遊び場所
・コミュニケーション術
・ブログの作り方等々…

最近驚いたのが、これらについて、それぞれのスペシャリストから情報が入るということです。
これは本当に感謝ですね!

かつては「自分を高めること」だけを中心に考えていました。
でも、今になって思うことがあります。
「本当にそれだけでいいのか?」と。
自分が得意なことや知っていることをどんどん公開すれば、皆さんのためになる。
それが「巡り巡って、自分にとてつもなく有用な情報として跳ね返ってくるのではないのか?」と、そう考えました。

そこで、自分が「面白い!」と思ったことや「皆さんの役に立ちそうだ!」といったことは、どんどん公開すべきだと思ったんですよね。
いわゆる「Win-Winの関係」ですね!

もちろん、以前よりも情報収集をする努力はしています。
しかし、人に教えを乞うには、こちらとしてもそれ相応の対価を提供しなければ、上手くいかないと思うんですよね。

だからもっと有用な情報を皆さんに提供していきたい。
そして、仕事・スキル・金銭・生活など全てを包含したもの…つまり、自分の目指す「幸せ」により一歩でも近づきたい。
そう考えているわけです。



「まだまだ自分は皆さんから借りっぱなしの状況である」
常にそういった気持ちで精進をしないといけませんね。

…ちなみに今後は、音楽、写真・カメラ、マンガ、お酒、歴史のジャンルを追加したいなぁ、と考えてます(о´∀`о)

知財2級を見据えた3級への挑戦。まだ3級もボーダーギリギリではありますが…

知的財産教育協会であがっている、知的財産管理技能検定3級・直近3回分の過去問を解いてみました。

・第17回(2014年3月9日実施)
 学科:20/30、実技21/30

・第18回(2014年7月6日実施)
 学科:20/30、実技19/30

・第19回(2014年11月30日実施)
 学科:20/30、実技20/30

3級の合格ラインは正答率:70%以上ですので、問題数だと21問以上になります。

まさに合格ボーダーギリギリのレベルですねぇ…。
現時点では合格できない確率の方が高いでしょう。
今後は苦手な問題について理屈を理解し、繰り返し解いて覚え、正答率を高めていく作戦に出ます。
3級と言えど決して侮らず、学科・実技とも9割以上を目指すつもりで抜かりなくやります。

学習教材は下記の2冊です。これを1週回したうえで、過去問に取りかかりました。
・知的財産管理技能検定スピード問題集・3級学科(TAC出版)
・知的財産管理技能検定スピード問題集・3級実技(TAC出版)



ちなみに2級だと3級に比べ内容も深くなる上、選択肢:3→4、合格ライン:70%→80%、と一気に難易度が跳ね上がります。
あくまでも本番は2級です。そのため3級を早めに仕上げ、+αとして2級の学習にも着手できたら理想的ですね。
診断士1次の経済学や財務などの感覚も、早めに取り戻したいですし。

まずは3月の知財3級を合格して、今年の幸先良いスタートを切ります!

今の俺に足りないもの…

ちなみに今年のおみくじの運勢は、なななんと!
【大吉】でした!!!
大吉は、2012年以来ですね。



…そこでふと過去の日記を見ました。
2012年の年初に書いた日記にはこう書いてあり、衝撃を覚えました。

「診断士を取得して将来の飯の種にする」
「家族を旅行に連れていく」

「…俺、何一つできていないじゃないか!」と。
もちろん小旅行には年に数回行けているものの、それでもほとんど妻の企画ばかり…
俺は決まった内容についていくだけ。
そして診断士の結果もずっと出せていない。

俺、世間のお父さんや旦那さんに比べて、あまりにも情けなくないか!?
だから、今年こそはこの2点を必ず実現させよう!

もちろん診断士などの勉強は、家庭に影響のない範囲でやっているつもりだ。
しかし、100%影響がないと言いきることは「No」だろう。
当然、試験日は1日中家を空けないといけない。それに、試験前もどこかで何らかの制約が生じていることだろう。

だからこそ…俺は今年で「中小企業診断士合格」という結果を出そう!
35歳というターニングポイントも間近に迫ってきている。



今の俺に足りないのはそう…「結果を出すこと」だ。
もっと結果を出すことに対してシビアに、貪欲にならなければなるまい。

もう自分に対する「甘え・情け・ごまかし・逃げ・油断」は、もうやめよう。
俺には一生手の届かない代物になる前に、改めてゼロリセットしよう。
…本当に合格したいから。

~資格ロードマップ2015~

~資格ロードマップ2015~

--------------------------------------------------------------------

 ・2015.03 知的財産管理技能検定3級(学科・実技)(1回目)
 ・2015.04 プロジェクトマネージャ(4回目)
 ・2015.07 経済学検定(スコア制)(1回目)
 ・2015.07 知的財産管理技能検定2級(学科・実技)(1回目)
 ・2015.07 全経簿記上級(1回目)(知財と受験日被る?)
 ・2015.08 中小企業診断士(1次試験)(3回目)
 ・2015.10 ITストラテジスト(3回目)
 ・2015.10 中小企業診断士(2次試験)(3回目)
 ・2015.12 TOEIC:500点以上(現在:380点)(余力があれば)

--------------------------------------------------------------------

…もはやカオスですよね(笑)
でも実は、この中で本気で取りたいと思っているのは、4月のプロマネと、8月・10月の診断士(1次・2次)だけなのです。
他は、時期との兼ね合いであまり勉強できなさそうですし、受けるとしても診断士の予行演習的な位置づけに近くなるかと思われます。



あと、会計への道ですが、まだ捨て切れておりません。
今のところ、日商簿記1級→全経上級に乗り換えようと検討しています。
日商・全経のどちらでもいいのですが、やはりもう少し「会計を究めたい!」という気持ちがあります。
(特に管理会計は、本当に仕事で役立ちますので)

…で、2015年は、昨年ノータッチだった診断士にまた戻る。とf ^^;
一体この循環、いつまで続くのでしょうか…?といった感じですが、今年こそはその流れを断ち切ってみせます!!!

2015年は本当に輝かしい年にしていきたいですね!
ここ3年くらいは、資格の結果が全く出せていなかったので、今年は死ぬ気で頑張りますよー!

今度こそ、長かりし診断士受験人生に終止符を打ってみせる!!!!!!!

2015年は自分の人生史上、景気のいい年に!

新年あけましておめでとうございます!
(*゚▽゚)ノ:*☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆【祝】



私は「今年は、2014年以上に物凄くいい年になるであろう!」という自信に充ち溢れています。

なぜならば…
・高度情報処理試験と、中小企業診断士に合格できる!
・物凄い人と、たくさん知り合える!
・とにかく日本の経済が盛り上がってきている!

ためです。
もちろん根拠はありませんが、こんなのは気持ち次第です。
気持ち次第で、良くも悪くも1年が決まるものだと思ってます。
この表現は、ちょっと乱暴かもしれません。ですが、自分や大切な周囲の人にとって楽しいことをたくさん巻き起こすことができれば、理屈なんて不要だと思ってます。
まぁ「新年はあまり細かいことを考えず、とにかく大きいことをドーンと掲げたいっ!」といった考えの方が近いですかねf ^^;

もちろん、自信を確信に変えるために、2015年は2014年以上に頑張っていかないといけませんが、楽しいアイディアはつきません。
あとはこれが「自分だけでなく、皆さんにとって本当に面白いものなのか?メリットになるものなのか?」どうかを吟味して、昨年以上に暴れまくりたいと思います!



…そろそろ、いわゆる「失われた20年」の長いトンネルも抜け出す時期に差し掛かってきています。
景気の良くなり始めている「今」だからこそ、不景気時代に頑張ってきた「真価」が問われることでしょう。



「今年の頑張りで、今後の自分の人生がまたひとつ、大きく変わるかもしれない」
そう考えて、2015年も引き続き走り続けていきます。

2015年は自分の人生史上、もっともいい年にさせます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!