FC2ブログ

知財の疑問・ツッコミあれこれ

3月8日(日)の知的財産管理技能検定3級が近くなってきたので、今はこの試験に専念しています。

一通り知財の勉強をしてみて、ふと「これって何だろう?」とか、「これについてツッコミを入れてみたいっ!」と思ったことを、挙げてみます。
…正直、試験にはあまり関係がありません(^^〃

・意匠権における「同一」「類似」「非類似」の違い。
 →どこからが同一でどこまでが類似なんだろう(;´Д`)
  うーん…曖昧?

・著作隣接権における「レコード製作者」という表現について
 →なぜ未だにレコード!?
  でもレコード大賞っていうのもあるから、何か意味はあるのだろう。
  じゃなかったら「音楽」とか汎用的な用語が使われる…はず。

・同日に複数の商標権出願があり、協議が成立しなかったときの対応について
 →なんと「くじ」で商標権者を決めるらしい!!
  しかも商店街の福引で出てくるような、ガラガラポン(通称)を使うようだ。
  なんだかよく分からんけど、盛り上がりそうだ(笑)

法律は結構カタいイメージがありますが、その中でも知的財産権については意外な一面(?)もありますので、個人的には好きです☆
スポンサーサイト



子供との限られた「今だけの時間」を大切に。

息子がもうすぐ4歳になりますが、相変わらずパパ嫌いですf ^^;
…どうやら一緒に風呂に入ったり、寝たりすることを嫌がるようです。
外だと全く平気なのですが、この心情はまだ理解できません…本当に子育ては難しいです。

さて資格勉強の日記ばかり書いていますが、たまにはファミリーの日記も書いて、先輩パパを見習わなければ…



今回書きたいのは「子供との限られた『今だけの時間』を大切にしたい」ということです。
あいにく平日は仕事があるので、夜遅くの帰宅になることがほとんどです。
そのため、息子と全然会えないのが寂しいですが、休日の土日には出来るだけ思いっきり遊びに行くようにしています。

まだ抱っこをせがんでくるのですが、さすがに17kgあるので結構重たい…
2日後くらいに必ず筋肉痛を引き起こします(#+_+)
まぁでもベビーカーで電車に乗ることよりは遥かに楽になって助かりましたが、体力面でもっと自分を鍛えないといけないなぁ、と痛感させられました。

でも、その重みも幸せの重み。
早い子だと、もう4, 5歳くらいでおんぶ抱っこを卒業されてしまうみたいです。

大きくなってからはもう抱っこできない。だからこそ今の時間をを大切に。
…私は他のパパさんの頑張りに比べて自慢できたものではありませんが、ようやく、少しずつ気付き始めた大切なことですね。

基本問題を確実に取り、戦略的に全体をマネジメントしていく

診断士1次の経済学対策に、公務員試験の下記の問題集をやっています。
・公務員試験 過去問新クイックマスター マクロ経済学(LEC出版)
・公務員試験 過去問新クイックマスター ミクロ経済学(LEC出版)

…たまたま古本屋で安くGetできました(*^ー^*)

この書籍は、問題ごとに基本と応用という区分けがされているのが特徴です。
ただ正直なところ、応用の問題はあまりよく分かりません…
応用の問題は全体の2~3割くらいあって、じっくりと考えたり調べたりすれば解けなくもないです。ですが、限られた時間…やはりどこかで割り切った方がよろしいと考えます。

ときには応用問題に向き合うことも必要です。ですが診断士の基本スタンスとしては、やはり「基本的な問題を確実に取る」ことがセオリーでしょう。
私も比較的得意な運営、情報科目辺りは100点を狙いたい気持ちもあります。しかし、いくら頑張ったとしても過去2回経験した本試験では、せいぜい80点くらいしか取れませんでした…

診断士はそれぞれの分野における専門性は浅いのかもしれませんが、その分、全体を見たりマネジメントできるようなバランス能力・戦略的能力が求められるのでしょうね。

まぁ私の場合、あちこちに手を出していて深入りしまくっていますので、あまり参考にしないほうがいいかも?ですf ^^;
やはり、診断士の過去問が一番ですよ☆
でも、診断士の過去問ばかりやっても飽きちゃうので、そうなってしまった時の気分転換レベルで。
よろしければご参考ください。

知財3級(過去問2週目)の報告と、択一式問題の突破法(?)

知財検定3級・直近過去問の2週目をやってみました。

・第17回(2014年3月9日実施)
 学科:21/30、実技24/30

・第18回(2014年7月6日実施)
 学科:26/30、実技25/30

・第19回(2014年11月30日実施)
 学科:24/30、実技22/30

ちょっと不安が残る回もありますが、解答の精度は高まりました。

1週目と2週目の間違い傾向を分析してみると、「同じ問題の同じ選択肢で間違えるパターンが多かった」です。
そのため3週目にはすぐ入らず、覚えづらい論点や引っ掛かりやすいパターンをあぶりだします。

この試験に限らず、択一選択式の資格試験で私がよくやっている勉強法は「間違えた問題や、自信がなくて正解した問題には×をつけること」です。
自分が間違えた問題には×をつけて当然を復習すべきですが、自信がなかったけど正解した問題にも×をつけるのがポイントです。
次回同じ問題が出ても、必ずしも正解できるとは限らないためです。
それに、思い込みで間違った知識が紛れ込んでいる可能性もあります。
(これは、分からなくて間違えてしまったことよりも、ある意味恐ろしいことだと思います)

また、消去法でなく他の選択肢の正誤も見抜き、解説までできるレベルになるといいでしょうね。
そうすれば本試験でも応用が利いて解答精度が飛躍的にアップするはずです。

ただ、3級でも深い知識を問われる問題はあるので、副読本として2級の教材もほしいなぁとは思いました(^^〃
…知財検定は2級も受けることになりそうですが、正直今のタイミングで買っちゃおうか?悩んでます(笑)

2月は休みつつも春への準備に充てる期間へ

2月に入りましたが、最近は本当に時間のなさを痛感させられます。
平日は4~5時間と睡眠時間も少なめです。

前の日記にも書きましたが、昨年末から今年の1月にかけて、物凄く走り続けました。
ですので、2月はちょっと休もうかな?と思いました。
その分、春に向けた準備の期間に充てます。

2月中にやりたいものを挙げてみました。

・知財3級(学科、実技)
 →苦手ポイント(条約、有効期間などの数値系)をなくす!
・情報処理試験プロジェクトマネージャ
 →午後1の過去問に慣れる(とにかく、連続している午後1落ちのスパイラルを抜け出したい!)
・中小企業診断士
 →財務(重要なので、この時期でも2日に1回くらいはやりたい)
 →経済(公務員試験の問題集:ミクロマクロ合わせて200問くらいを終わらせる)
 →法務(とりあえず会社法の入門書を読んで興味を持つ。本当に苦手な科目なので…)

こうみると多いかもしれませんが、かなり薄くやりますので、そこまで大変ではありません。
どちらかと言えば、勉強の感覚を鈍らせないためにやるような調整的な位置づけです。

たまには意識して休みも作らないとバテちゃいますからね☆