FC2ブログ

大井川鐵道のトーマスに乗る。

大井川鐵道で走っているトーマスに乗れるイベントチケットが当たった。
若干長距離ではあったものの、昨日は家族で日帰りで、静岡県島田市の大井川鐵道まで行った。
静岡は、とにかく東西に長い!
静岡も熱海や伊東くらいまでしか行ったことないからなぁ。とんな地域かな?と思い、楽しみであった。

さて、小田原駅から東海道新幹線の「こだま」に乗る。
息子は初めての新幹線であったので、とても大喜びであった。
静岡駅で下車し、東海道本線でのどかな静岡の風景を眺めつつ、金谷駅へ。

そこから、大井川鐵道の千頭駅まで行く。
千頭駅では、トーマスフェアが開催されており、とても賑わっていた。

そして、帰りはついにお目当てのトーマス機関車に乗ることに!
自分の人生の中でSLに乗ることは多分初めてだと思う。とても楽しかった!
感想はというと、内装は一昔前の電車で若干揺れはあったものの、意外と普通の電車に近かった。全然煙たくもなかったし。
ただ、汽笛や警笛はやっぱ電車とは全然違う!たまらないねぇ♪
石炭の積み込みなども経験できる機会があればなお良いと感じた。
地元の人は皆、手を振っていたね。茶畑広がるのどかな地域であった。
川も綺麗だったし、ここらへんで釣りやキャンプなどやったら盛り上がるだろうなぁ。

久しぶりの画像アップ♪
このトーマスが石炭積んで実際に走っていたのって、ビックリでしょ!?20150628-2.jpg

スポンサーサイト



素晴らしき日産工場!

会社の有休で、息子と日産の工場@追浜へ、行った。
工場なので平日しか開催されておらず、しかも小学生向けのツアーが当たったので本当に楽しみであった。
勉強目的も兼ねて、工場を見に行きたかった。
工場見学は、モノの流れや工程の段取りを肌で感じ取ることができる。
もちろん本で勉強するのもいいけれども、実際に見聞することとは断然違う。とにかくすごく楽しみであった。



で、実際に行ってみた。

まずゲストルームで受付をし、会議室で15分くらい車の説明を聞く。
追浜工場では、日産リーフ、ジューク、キューブ、シルフィが造られている。特に、日産リーフの電気自動車は「画期的なエコカー」とのこと。
息子が若干飽きていたので、適度になだめつつ終了。
ただ、大人としてはもう少し深く聞きたかったなぁ、といったフクザツな心境(^^〃

次に、バスに乗って追浜工場内の敷地や輸出入をしている港を巡回する。
このバスがむちゃくちゃ快適♪♪
とにかく車の台数がものすごかった。おそらく1,000台以上は余裕であっただろう。

そして、いよいよ待ちに待った工場見学!
ちなみに追浜工場では「組立と最終検査」のラインだけのようだ。
プレスや塗装など、いわゆるロボットが中心のイメージしていた工場ではなかったが、働く人と直に接することができ、とても親近感がわいた。
職人の仕事の凄さに驚いた。熟練工ならではの手際の良さ・安定感がある。
そして1秒でも短く、ひと手間でも省略させる「カイゼン」の徹底ぶりは、本当に見習うべきものがある。

最後に、お土産として何と!「日産リーフのミニカー」をもらった!!
しかも、大人までもらえるではないかっ!!!
さらに、帰りは追浜駅までバスで送ってもらえる、という親切すぎる神対応!!!
いやー、これにはさすがに素晴らしすぎて何も言えないねぇ(´∀`*)

結局無料だったし、この採算度外視のマーケティングは素晴らしい。
まだ俺は車は持っていなくて今のところ車を必要とする生活環境には置かれていないものの、それでも車がほしいなぁとは思った。

4歳に息子にはまだちょっと早かったかな?と思いった が、意外と大満足の様子だった。
(…いや、ミニカーで満足だったのかも。まぁ俺の日産リーフも奪われてしまったわけだがf ^^;;)

ともあれ、貴重な休みを使って滅多に経験できない面白イベントに巡り合えてよかった。
これからも、こういった面白イベントを企画していきたいね!

さて、今度は家族としては初の東海道新幹線N700系に乗ります♪
いわゆる「乗り鉄」というヤツですかな?

「勉強の楽しさ」を改めて考えてみる。

前回に書いた日記の反響が意外とすごくて、かなり驚いていますヽ(゚Д゚;)ノ!!

この日記の存在は、知り合いの人に教えています(…というか、それしか共有できるすべがないのが辛いところ。外部の人の目にも止まりづらいブログだし、改善したいなぁ)。
そこで、僕以上に勉強熱心な方の多さを知りました。

自分って要領はあまりよくない方の人間だと思うんですよね。シンプルな言葉でいうと「不器用」。
(ただし高倉健さんほど徹底されているカッコイイ不器用でもないので、自分は中途半端な人間であるf ^^;)

でも、こんな自分の失敗を公の皆様にさらけ出す機会って、あまりないと思うんですよね。
もちろん、かの偉人・エジソンの名言で「失敗は成功の母」というのがあります。ですがそれが分かっていても、やはり自分の失敗や負けを認めるのは、身を削られるようなシンドイ想いがあります。
でも、その「ありのままの自分を認めることにより成長ができるのではないのか?」と自分は考えます。

景気にも波があるように、人生にも波があると思うんですよね。
またお得意の資格ネタを持ち出して恐縮ですが、20代後半くらいは「ソフトウェア開発→データベース→システムアーキテクト」と立て続けに取っていけましたし、こんな自分でも認めてくれる妻に出会うことができ、カワイイ息子にも恵まれました。
今はどうか?というと、資格に関しては充電期間なんじゃないかな?って思ってます。
その充電期間は人それぞれでしょうが、自分はもう少しでブレイクできそうな気がするんですよ。全く根拠はありませんが、何となくそんな気がするのです。

だからこそ、大事なのはやはり常に「勉強を継続すること」と「絶対にあきらめないこと」だと考えています。それが「成長」につながるのかと。
資格はその通過点に過ぎないんじゃないかな?と思います。
また、たとえ資格が取れなくても勉強のプロセスやチャレンジ精神は、大いに評価すべきでしょう。
現に、勉強嫌いだった昔の自分と今の自分とでは、180度考え方が変わりましたし。



アツくなりすぎるあまり、また言いたいことがブレてしまいましたヾ(;´▽`A``
とにかく「勉強は楽しい!」ということです。
本当の勉強とは、誰かに強制されるものではなく、自ら「勉強したいっ!」って沸々と湧きあがってくるようなものなのかもしれませんね。

もちろん、今後も走り続けます。
そろそろITストラテジストの申し込みも始まることですし。
…というか、診断士2次が情報処理試験の翌週に控えるので、ITストラテジストは記念受験になるかもしれませんが(笑)
……いや、そもそも8月の診断士1次に受かることすら怪しいですが(爆)
ま、まぁ、そこは結果出そう。さすがに。。。

【2015年春・プロジェクトマネージャ結果】

【試験名称】 プロジェクトマネージャ
【合否結果】 不合格
【自己採点】 午前1:免除、午前2:22/25、午後1:45、午後2:C
【成績照会】 午前1:免除、午前2:88.00点、午後1:60点、午後2:B
【受験回数】 4回目
【年  齢】 31歳
【業  種】 企画
【取得資格】 情報処理(SA, DB, SW(現AP), FE)、簿記2級、Oracle 11g(Bronze)、他
【今後取得したい資格】 中小企業診断士、ST、PM、知財2級、TOEIC600点
【学習時間】 30時間
【主な教材】 情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2015年版



今回も不合格。うわぁぁああぁああぁうあ゙ぁあ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
il||li _| ̄|● il||li
プロマネの壁、高すぎ。なかなかここから這い上がれん…

でも、実は合格まであと一歩だったのだ…っ!!!
そう、午後2論文「まさかのB評価」なのである。これは超悔しい!

ただ、午後1で何とか60点を取り、ようやく午後1落ちのスパイラルから脱出できたのは大きな進歩である。
やはり、情報処理教科書についている過去問を解きまくり、三好先生の添削&カツを入れていただいたのは、決して無駄じゃなかった!

今回の敗因は完全に「実力不足」である。
むしろ、あの午後1答案でよく60点も取らせてくれたなぁ、と、採点の方に感謝f ^^;
しかも午後2も破綻しまくった論理構成でB評価とは、むしろ恐ろしいくらいだ。

とにかく、あの苦手な午後1を突破できたのは大きい。あとは論文だけだな!
あいにくプロマネには一歩及ばずといったところだが、やはり来年もプロマネを頑張っていきたい。
さすがに今度は5度目になるが、もはや自分みたいな人はあまりおらず、みんなすでにプロマネに合格し、次のステップを目指していることだろう。
だがそんなの気にしない。
俺の番ももうそろそろやってくるはずだから。

秋の「ITストラテジスト」もまた受験したいしね☆
楽しみだぜ( ̄ー ̄+)

情報処理プロマネ・自己採点(多分また40点台やね。。。)

IPAから2015プロマネの午後1公式回答が出たので、自分の答案と比較してみた。
(まぁ本当はもっと早くに晒すべきだったのですが、いろいろとあり…f ^^;;;)

----------------------------------------------------------------
【問2】
設問1
結合テストで性能や運用面で問題なく稼働させ、納期に間に合わせることが重要だから。

設問2
(1)早期段階で操作に慣れ、利用者トレーニングをスムーズに進められること。
(2)MWSに関する検証

設問3
(1)現場が新業務プロセスについていけず、プロセス設計の定義が困難になるため。
(2)実際を想定した運用をイメージし、D社に適合した業務プロセス設計ができる。
(3)追加開発に影響する業務機能が把握でき、結合テストに間に合わせられるから。

設問4
(1)業務改善効果の高い機能を優先してもらう。
(2)高い業務改善効果が得られること。


【問3】
設問1
(1)外部設計と最新の現行業務マニュアルとの整合性の確認
(2)開発の規模、工数

設問2
仕様を理解できず、内部設計が遅延する。

設問3
(1)追加開発部分の仕様・内部設計書への取り込み漏れ
(2)当初開発分のマスタファイルのレイアウト変更作業
(3)品質の良い状態でテストができる。

設問4
(1)利用イメージが把握でき十分な習熟の準備ができるから。
(2)業務部から仕様変更依頼が多発し、開発の手戻りが生じる。
----------------------------------------------------------------

また、午後1は40点くらいかも…
当たり前のような解答が、なかなか出せない。

今後落ちたら、一体何度目になるのだろうか(´・ω・|||)

2015診断士1次・CAP的戦略(2日目)

前回からの続き。
いつもそうだけども、一番最後の中小科目って妙に時間が余る気がする。…のは、俺だけ??
情報の時点で勝利を収めるようにしたいので、法務の追い上げが重要かな?



【経営法務】
会社法が不安なので、司法試験(初学者向け)の参考書を買い増ししようか検討中。
まぁ機関設計くらいは覚えたので、最も苦手科目な法務でもだいぶ戦えるようにはなってきたかな?
知財は、知財3級の勉強のおかげでだいぶ問題は解きやすくなった。
倒産法や民法、国際法などが全く自信ないが、出たとこ勝負だな。
苦手な科目なので、50点くらい取れれば上出来と評価するが、知財など得意な分野もあるのでもしそれらが多く出たら、攻めにいきたい。

【経営情報システム】
もはや情報処理試験の午前問題や、当試験の過去問で知識が飽和状態なので、今さら何を勉強すればいいのか分からない(笑)
しいて言えば最後の統計2問がサッパリわからないので、統計に関する本を買ってみた。
一応「統計学は最強の学問である」を読んでみたが、とりあえず統計には興味が持てた。
ただ統計問題も、数値入れたりある程度トレースしてみると選択肢の絞り込みもできるので、余力あれば狙ってみようかな?
一番得意な科目なので、目標はもちろん80点以上!

【中小企業経営・中小企業政策】
今回は、この科目が一番危ないと思う。
前半の中小企業経営は2014年版中小企業白書から出題されるが、このページ数が700ページ以上と史上最多ページなので、押さえても押さえきれないからだ。
なので、TACの模試を利用することにした。
ただ、TACで全て網羅できるとは限らないので、他の予備校でもこの科目だけは模試を受けるかもしれない。
後半の中小企業政策を頑張って、50点で逃げ切りたいところ。
あんまりこれに時間をかけてもしょうがないし、その分2次に時間を割きたいのが本音。
今年の受験生は、中小については自分と同じような戦略の人が多いかもしれない。
(膨大な白書を読み切るのに、一体何時間かかるのだろうか…) 

2015診断士1次・CAP的戦略(1日目)

前回の日記で「経済学以外の科目ネタは書いていない」と公言しましたが、経済学自体もロクなことを書いていないことに気付きましたf ^^;
本当はいろいろと書きたいのですが「木を見て森を見ず」にはなりたくないので、2015年1次のCAP的戦略を大胆に(!?)ぶっちゃけたいと思います。



【経済学・経済政策】
個人的に苦手だが頻出の論点(マクロのAD-AS分析、成長会計、国際貿易)を、押さえる。
サブ問題集として、公務員試験のミクロ・マクロを解き倒す。
ただ、この科目は年度ごとの難易度ブレが激しい。
過去問の傾向から今年は激ムズになると思うので、50点くらい取れればいいかな?

【財務・会計】
最重要科目なので、ずっと勉強している。というのも、2次の事例IVで痛いほど知ったからである。
日商簿記1級と被っているところもあるので、簿記1・原価計算科目の問題集と診断士・1次財務&2次事例IVを行ったり来たりしている。
得意な科目でもあるので、70点以上は取りたい。

【企業経営理論】
割と点を取りやすい終盤のマーケティングを取りこぼさないようにしていきたい。
序盤の経営論は現場対応になると思う。中盤の法規関連は知識問題で問題数も少ないので、分かったらラッキー程度で。
この科目は頑張ってもあまり得点に結びつかないので、そこまで勉強しない。
ほどほどに60点を目指す。
留意点は、長文問題が多くて昼食後の午後スタートなので、とにかく睡魔に襲われないように気をつけるくらいかな(笑)
休憩時間で、できるだけ英気を養いたい。

【運営管理(オペレーション・マネジメント)】
かなり得意な科目!過去問の傾向も安定しているので、今年もこれで貯金したい。
前半の工場は、JIS ZシリーズやISO/IECなどの各規格をできるだけ知っておこう。あと、計算させるような問題は考えれば絶対に解けるような簡単な問題ばかりなので、諦めないようにしよう。
後半の店舗は、例年通り簡単な問題が出ると予想。
定番の陳列方式やGMROIを軽く復習するくらいでOKかな?
目標点数は、強気で80点を狙いたい。

とりあえず、1日目の科目の戦略はこんな感じです。

経済学のゲーム理論が面白すぎる件。

診断士の1次の勉強をそろそろ再開したいですが…



「経済学が面白すぎて、他の科目に手が回りません!!!(笑)」

特にミクロ経済学のゲーム理論なんですが、相手との駆け引きが奥深いなぁ、って感じです。人間の心理も垣間見える面白い学問ですね。
まぁ自分は(昔は)ゲーマーだったというのもあるかもしれませんが。…って関係ないかf ^^;

有名なのは、「囚人のジレンマによるナッシュ均衡はパレート非効率である」という話ですね。
まぁ解説は面倒なので、下記のWikiでも見てくださいな(爆)
(…って俺、いつからそんな適当なキャラになった!?)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E

経済学を勉強すると、バブルやリーマンショックがなぜ起こったのか?といったことが手に取るように分かるので、ちょっと誰かに自慢したい気分ですね(笑)
他にも「なぜギャンブルはいつも大負けするのか?」といった理由もだいたい分かってきます。ですので、もう少し前(中高生くらいのとき)から勉強すれば、お金持ちになれたかも?といった、甘い幻想(というか後悔?)にも浸れること請け合いです(笑)
まぁアベノミクスで円安・株高トレンドに乗っかりたいなぁ、という気も正直ありますが、私は投資は下手なのでもうやりません。…というか、結婚したら自由に使える金がもうない(泣)

ってまた例によってこの日記が迷走を始めましたが、診断士1次もあと2か月になってしまいましたので、経済学の魔の手からそろそろ抜け出したいと思います。
そう言えば、診断士1次に関連した記事は、経済以外まだ書いてませんでしたねf ^^;;;

3度目の中小企業診断士…今年は絶対に結果を出し、自分を変えよう!

先日、中小企業診断士(1次)の受験申し込みをした。

2011年・1次不合格。
2012年・1次合格。2次不合格。
2013年・2次不合格。
と2次を2回落ちたので、もう一回1次の7科目から再チャレンジ!

やっぱり、合格できる人はすごい。
本番に強かったり、ポイントを見抜く能力に長けたり、頭や要領のいい人が多いんだなぁ。と思う。
…が!実際は違う。そんなんじゃない。
合格している人は、物凄い努力をしてきているし、勉強の方向性や資格取得における目的に一切のブレがない。
俺は勉強自体はそれなりにやってきたものの、どうしても最後の最後で自分に負けてしまう。
それが、合格者と自分との決定的な違いなのかもしれない。

まぁ実際のところよく分からないが、とにかく「自分は診断士にまだ合格できていない」ということだけは、事実である。



やっぱり診断士を取りたい!
取って、もっと社会で活躍をし、みんなの役に立ち、そして収入を増やしたい!!

最近は勉強会にもあまり顔を出さなくなってきているので、もしかするとほとんどの人から「俺が診断士の勉強をやめた」と思われているかもしれない。
いやそれ以前に、俺の存在自体を忘れ去られてしまっているかもしれないf ^^;;;

とにかく、結果を出そう。
合格して、自分の人生を変えたい!!
そのためにも、まず8月8日, 9日の1次試験の通過は必須である。

結局あまりまとまっていない日記になってしまったが、とにかく勢いだけつけてみた。



今年一緒に受験される方は、ぜひ頑張りましょう!!!
今からの勉強で物凄く変わりますからね(・▽≦☆