FC2ブログ

新設の情報セキュリティマネジメント試験は簡単!?気軽にセキュリティを学ぼう♪

春の情報処理試験として、情報セキュリティマネジメント試験を申込みしました。
通常だったらプロジェクトマネージャでリベンジを狙いたいところです。しかし販売士1級と同様、今までの行動パターンを変えてみたかったので、新設のこの区分を申し込みました。

試験時間帯は、午前と午後という2セクションのみです。(高度区分は4セクション)
しかもどちらのセクションも90分なので、時間帯だけでみたら情報処理試験の中ではかなり簡単な区分になるのかなぁ、と予想しています。
難易度としては難しい順に、
高度区分>応用情報>基本情報≧セキュマネ>ITパスポート
と、みています。合格率も25%~30%くらいになりそうですね。

要するに、情報セキュリティマネジメント試験はそこまで難しくないだろう、という見解です。
逆に考えると、システム開発経験者のワタクシにとっては「落ちたら恥ずかしい」試験なのかもしれません。

まぁ実際のところどんな問題が出るのか分かりませんが、基本情報や応用情報の午後の1問目に出てくる「セキュリティ」や「ネットワーク」の分野をやればセキュマネ対策としては十分かな?と思ってます。
余力があれば情報セキュリティスペシャリスト試験の過去問もやりたいですが、ちょっと深すぎる感じもします。そのため、まずは基本情報と応用情報の過去問を完璧に理解します。



この試験が作られたコンセプトは「IT技術者以外だけでなく、全国民にセキュリティを気軽に学んでもらいたい」という狙いなのでしょうね。

結論、セキュマネは簡単な試験だ、という見解です。
でも決して油断せず、一発合格を狙います!何しろ、未知の試験なのですから。



…ちなみに、今度から受験料が5,100円→5,700円(税込)にアップするようですね。
かなり昔から5,100円を維持していたような気がしますが、近年の受験者減からかなり財政難な様子。
いろんなところで結構厳しい世の中になってきているのですねぇ…
日本自体、もっと活性化せねば!と痛感させられました。
スポンサーサイト



販売士1級日記START。配点が高い記述の攻略がカギ!

商工会議所へ行って、販売士1級の申し込みをしてきました!
今年はちょっと流れを変えたい気持ちもあり、この資格にチャレンジすることにしました。

実は、ほとんど対策は完了してます。
私はこの2冊の問題集を使ってます。

■1級販売士最短合格ゼミナール―「ハンドブック」を理解する手引
http://www.amazon.co.jp/1%E7%B4%9A%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%A3%AB%E6%9C%80%E7%9F%AD%E5%90%88%E6%A0%BC%E3%82%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB%E2%80%95%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8D%E3%82%92%E7%90%86%E8%A7%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E6%89%8B%E5%BC%95-%E9%BB%92%E7%94%B0-%E4%B8%80%E6%A8%B9/dp/4496049295
■販売士1級問題集―日本商工会議所全国商工会連合会検定
http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%A3%AB1%E7%B4%9A%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E6%89%80%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A%E6%A4%9C%E5%AE%9A-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E6%95%8F%E8%A1%8C/dp/441905591X

あと、このサイトでも勉強しています。
■販売士検定 合格の鍵
http://jyukenya.com/hanbaishi/

この試験の特徴は、「客観式(多岐選択式)」と「記述式」の2つがあるということです。
さらに驚くべきことは、記述式がたったの2問しかなくそれそれが「25点ずつ(100点満点中)」という非常に大きな配点であるということです。
要するに「記述の出来次第で合否が決まる試験だ」ということです。
だから記述を頑張らないといけないのですが、そのためには客観式の問題に正答できなければなりません。
知識をまず完璧にしたうえで、知恵を振り絞るということなのでしょうかねぇ。



いずれにせよ、診断士2次の記述力を補強し、モチベーションを維持したい目的でこの販売士1級を申し込みました。

1級では記述が入ることにより、2級よりはるかに難しいです。でも診断士を一通り勉強し終えた今では、すでに分かっていることも多いので何とかなるような気もします。

情報量や教材が少なく、今までやってきた資格試験とは一味違うクセがありますが、少しずつひも解いていきますよ~!

2016年・CAPの運勢は…

先日初詣に行きましたが、私の今年の運勢は【中吉】でした!
息子と一緒に初詣に行ったのですが、息子も同じ中吉でした♪

まぁ運勢なんて正直どうでもいいですが、今年は息子と2人きりで行けたのが嬉しかったです。

…ちなみに昨年は大吉でしたが、あまり個人の満足度とは関連していない模様f ^^;
要するに「日々精進せよ!」ってことなのでしょうね。

このブログの管理者自身も正直、精進できているのかどうかも分かってませんが、出来るだけ頑張りますので引き続き温かい目で見守っていただければ嬉しいです(_ _〃

2016年・診断士完全制覇に向けて!タスクリストを作ってみました♪

新年の熱が冷めやらぬ今のうちに、具体的なタスクに落とし込んでみました。
ただ、かなり不確定要素アリなので、若干省くかもしれません。

●1~4月(ポイント:やりたいことをトコトンやる)
・新年会にはできるだけ参加し、いろんな人からエネルギーをもらう!
・2/17(水)の販売士検定1級を受験し、合格する!
 →新年一発目の試験!これまでの流れを変えるという意味で、かなり重要。
・販売士1級が終わったらすぐさま診断士のMMC通信を申し込む。
・日商簿記1級と全経上級の原価計算の問題を解く。(※7月ごろまで継続)
・公認会計士の経営学の問題を解く。(※物凄ーく余力があればやる、というレベル)
・4/17(日)春の情報処理試験(SG)を受験し、合格する!
 →新設の情報セキュリティマネジメント区分受験により、新鮮な感覚を得る。

●5~8月(ポイント:徹底的な添削と答練ノック)
・診断士2次を中心とした学習をミッチリ行う。
 →この時期の動きが重要!とにかく毎日継続して事例に触れること!!
・6月の日商簿記1級を受験する予定。(多分受験しないかも?)
・8月の診断士1次は、財務・会計科目の問題だけは解いておく。

●9~10月(ポイント:本試験を想定したメンタルトレーニング)
・10/16(日)の情報処理試験(ST)を受験し、合格する!
・10/23(日)の診断士2次を受験し、合格する!!!



目的は「圧倒的なA評価を取得するための論述力と財務会計力を身につけること」です。
自分はマークシートなどの選択問題系は得意なのですが、記述になると急にダメになります。
だから、頭や手を動かすことをたくさんやりたいです。
また、他の役に立ちそうな資格試験も検討したいですね。やっぱり自分の得意なフィールドはここ(他の資格試験のストック)にあると思いますし。

あとは普段の仕事に対する取り組みや考え方の見直し、集中力アップのトレーニング、有効なお金の使い方、そして食生活・運動・睡眠など、まさに自分そのものを「構造改革」していくつもりです。

これからは、もう一人の自分をコーチに仕立て上げ、常にちょっと後ろから自分の行動をチェックするようにします。



さて、これからは販売士1級の記事をいよいよ開始します!
この販売士1級はかなりマイナーで診断士の中でも賛否両論ですが、自分はやりたいのでやります! 

~資格ロードマップ2016~

~資格ロードマップ2016~

--------------------------------------------------------------------

 ・2016.02 販売士検定1級(1回目)
 ・2016.04 情報セキュリティマネジメント(1回目)
 ・2016.06 日商簿記1級(4回目)(予定)
 ・2016.10 ITストラテジスト(4回目)(診断士2次と被らなかったら受験)
 ・2016.10 中小企業診断士(2次試験)(4回目)

--------------------------------------------------------------------

今年も資格ロードマップを作ってみましたが、ここ最近は全く実績が出せておりません…
自分は読解力・論述力・計算力など、高度情報処理試験(午後)や診断士(2次)などの記述系問題との相性が非常に悪いです。
それらを抜本的に見直すため、今回の布陣を組みました。

まず、診断士とシナジーが高いといわれている販売士1級。
私は診断士の学習補助として販売士を受験していていましたが、診断士と販売士1級を保有されている方は多いようです。
販売士1級は診断士2次に比べて易しいと聞きました。しかし記述問題が2問で50点分(100点満点中)あり、知らない論点が出たらアウトなので、気を引き締めて学習します。

次に高度系の情報処理試験ですが、春は新設の情報セキュリティマネジメントを受験したいなぁと思ってます。
これは今までのマンネリ化を打破する目的でプロマネから乗り換えました。
秋はITストラテジストですが、これももうそろそろ取りたいですね。

そして、今度こそ最後にしたい「中小企業診断士(2次)」!
当時(2011年くらい)一緒に勉強すた仲間の大半が合格し、すでに診断士として活躍している方がたくさんいらっしゃいます。
そんな方々をみると「本当にオレ、何をやっているんだろう…」という気持ちになります。
いろいろと振り返ってみて、やはり「自分の勉強方法が違う」という事に気づきました。
やはり、ちゃんと指導してくれる人がいないと結果を出すのは至難の業です。
勉強をする習慣はついているので、おそらく通信が効率的かな?と思いますが、いずれにせよ今までの自分の勉強方法を変えます。

ちなみに簿記1級はおそらく受験しないと思いますが、診断士2次の事例Ⅳ対策に、原価計算の過去問だけは解くつもりです。10回分くらいやってみたいですね。



最近は全く実績が出せていませんが、論述系試験のコツもだんだんと分かってきた今、勉強プロセスを変えて、自らを合格の方向にもっていきます!

「診断士、今度落ちたら、もう辞めます」(川柳のつもりではありませんf ^^;;;)

2016年の目標(家庭編):「父親としての自覚を持ち、重要性を再認識する」

続いて後半の家庭編です。
とにかく今年ちゃんとやっていきたいのは「父親としてもっと自覚を持ち、父親としての重要性を再認識する」ことです。

自分だけかどうか分からないんですけれども、平日の仕事や懇親会等で家庭にいる時間が少なくなると、どうしても仕事とか勉強とか自分の得意フィールドに逃げたがる傾向になっちゃうんですよね。
その結果、息子からの「パパ好きじゃない!」を連発されることに(泣)
まぁ休日で2人きりで電車とか車を観に行ったり、公園などに行くときにはパパ好きなのですが…

家庭を4年間運営してみて思ったことが、「父親で家庭の方向性やまとまりが大きく左右される」ということです。
自分は家庭に対しては特に明確な方針を持たず、ただ皆がいいと思う方向に合わせて動いてきた結果、家庭に関しては全く口出ししなかったのが反省点でした。
口を挟み過ぎると嫌がられるし、かといって口出ししないのも適当になりがちですし、自分はそこらへんが器用じゃないんですよねぇ。
自分は鈍感なのでよく分かってませんでしたが、ようやくその至らなさぶりを実感しました。



…で、今年の目標を具体的に書きますと、

①息子が5歳になる5月までに自転車(補助輪なし)をマスターできるよう、近所の公園でサポートする。
②家族みんなの記憶に残る、楽しい七五三をやる。
③最低3回は、自分企画での家族旅行を実施する。
④自分から妻に積極的に話をする。
⑤家の購入を検討する。

を挙げました。
まぁこれらは普通のお父さんだったら当たり前にやっているような話ばかりなのですが、自分は本当にダメ人間なので、ちゃんと書き起こしました!

とにかく、あまりカッコつけずに家族のみんなにとって楽しいことだけを考えるようにします。
今年は仕事や資格で結果を出すのはもちろん、妻と息子の評価も獲得しなければならない正念場の一年となるでしょうf ^^;
…ダメなりにも一生懸命頑張ることだけはできると思いますので。

2016年の目標(勉強編):「マンネリ化の打破」

あけましておめでとうございます!!!
2016年も無事迎えることができました。本当に皆さんには感謝しております。

さてタイトルに今年の抱負を書いてみました。2つを書きたかったのですがやや長くなりますので、勉強編・家庭編に分けました。
今年はこれまでの自分を振り返り、良いところは守りつつも、変えるべきところはトコトン変えていく「自己改革」の姿勢を貫きます。



まず勉強編(特に中小企業診断士の2次試験)について。
「マンネリ化の打破」は、今まで私のブログを長いことみられている方にはお分かりのことだと思います。
「コイツ、頑張る頑張るといっても、しばらく資格試験の結果を出せていないじゃん」ということにf ^^;

これについては今までの勉強プロセスや考え方にちょっとひとひねりを加えることによって、改善を図ります。
具体的には「合格者とコンタクトを取り、合格者のプロセスや思考を真似る」ことと「通学 or 通信を受講すること」です。
診断士は1次は頑張れば独学でも取れます。ただ、2次は独学だとよほどの読解力・論述力等のスキルやセンスがないと合格は厳しいです。
3回受験してみて、自分にはそのスキルやセンスがないことに気づきました。だからこそ上手くいくようなプロセスを真似ることが最良と考えました。

私は小遣いの中でやりくりしないといけない状況なので予算が厳しいですが、いろいろと調べてみたところ、10万円くらいもあればだいぶいろいろとできそうですね。
まぁ診断士に合格したら十分すぎるほどのお釣りが出るでしょうし、下手にケチっても仕方ありませんからね。お金の使い方(投資方法)も今年の課題と考えています。
中小企業診断士の学習は他の士業と比べて、そこまで大きなリスクをしょい込まない割に得られるスキルが大きいので、そこが物凄く好きですね。



~~~2016年の目標(家庭編)に続く。
…何気にこちらの方が重要な話だったりするf ^^;