FC2ブログ

簿記2級の恐ろしいまでの変貌ぶり…平成30年以降の最終形態は、一体どうなってしまうのか?

今年度から日商簿記2級・商業簿記の出題論点が物凄く変わるみたいですねぇ。
こちらのブログが分かりやすくまとまっていたので、一部引用させていただきました。

■【全く別物?新・日商簿記2級検定試験】平成28年度(143回)以降試験の出題範囲変更点対策(増える論点・減る論点)
http://hikarujinzai.hatenablog.com/entry/2016/02/28/093006
■日商簿記検定 区分表改訂について|日商簿記|LEC東京リーガルマインド
http://www.lec-jp.com/boki/sp/kaitei/class2.html

2級の改変の目的としては、「1級と2級の差を縮める」のと「実務寄りの試験にする」ことだそうです。

これ見ると…、本当に今までの簿記2と別モノっすね。。
つーか簿記1論点、かなり降ってくるじゃないっすか(( ;゚Д゚))
ざっと見るだけでも下記の論点は面倒です。
・連結会計
・税効果会計
・圧縮記帳
・リース取引
・外貨建取引
特に税効果と圧縮記帳は、論点が難解というレベルの話ではなく、ゼロベースでやろうとすると「まずそもそもの意味が分からない」ことに陥ってしまいます。
実際、私も独学で1級や診断士を勉強していました。
当時は周囲にあまり聞ける人もいなかったですし、仮に親切に教えてもらったとしてもまず自分が理解できないことでしょう。意味を理解するのには本当に苦労しましたねぇ…
まぁ、ややこしい本支店会計や特殊仕訳帳が削除になるのはせめてもの救いでしょうか…?

しかしこう見ると1級論点とほとんど被ってますね。
あと足りないものは、工事進行基準とキャッシュフロー計算書くらいしかなさそうな気がします。

1級ほどの難解な出題形式にはさすがにならないとは思いますが、覚なきゃいけない言葉や仕訳の処理がハンパなく増えるので、相当シンドイでしょう。

でも
「絶対に簿記はやった方がいいです!」

そして
「今年度はまだ論点改正がマイルドなので、少しでも興味のある人はさっさと取っちゃった方がいいです!決して今からでも遅くはありません!!」

なんか予備校の回し者に思われるかもしれませんが、カネの流れをざっくりとでも知っておくだけでも、いろんな仕事で融通が利きます。

ちなみに、1級の難易度はそのままの模様f ^^;
個人的には、1級をせめてもう少し易しくしてもらいたいです。
3回も落ちているし、ワタクシが1級をGetできる日はいつになることやら(T▽T)



これから日商簿記2級を受験される方は、心して取り組んでください。
覚える量は増えますが、ちゃんとやれば合格できる試験にすると思いますので、恐れすぎる必要はございません。
頑張るあなたを尊敬し、全力で応援いたします!
僕も簿記は引き続き研鑽します。
スポンサーサイト