FC2ブログ

情報セキュリティスペシャリスト試験も頑張りますよ~!

今年も情報処理試験(秋期)と診断士(2次試験)の受験日が被らなかったので、どちらも受験することにした。

前者は10/17(日)、後者は10/23(日)である。

さて、今回は情報セキュリティスペシャリスト試験(以下:セスペ)の話である。

自分は将来「セキュリティ技術をベースに社会貢献できるコンサルタントを目指していきたい」と考えている。

診断士はかなり幅が広いが、自分の場合「とってから何をやろうか迷うなぁ」と感じた。
いきなり多角化をしすぎてもよく分からなくなってしまうので、まずは今の仕事を活かせる「セキュリティ」を自分の「強み」として、考えていきたい。
そう言った意味では、自分はおそらく「企業内診断士」への道を選択するかもしれない。



このセスペ試験も何度か受験しているが、以前に比べて技術的な論点がかなり増えてきている。

で、久しぶりに最近の過去問を見たけれども…



「物凄く難しい!Σ( ̄ロ ̄lll)!」

この前受けた時に少しあった管理系の問題が全くなーい!
特に午後1。なんじゃこりゃあ!?って感じ。
セキュアプログラミングやメールあたりがかなりややこしく、本試験でこれらが出たらかなりヤバい。

ただ、知っているか知らないかを問う問題がほとんどなので、要は知識をたくさん入れておけばOKと考える。

会社の後輩のセスペ合格者にヒアリングしてみた。
「国語力がポイント」とのことだったが、そもそもの基本知識がないと国語力どころの話ではないだろう。
だから、まずは過去問にたくさん触れて基本知識をストックしておくのが重要と感じた。

覚える量は多いかもしれないが、逆に覚えさえすれば対応しやすい試験区分である。
そう言った意味では、抽象度が極めて高くポイントをつかみづらい「ITストラテジスト」などよりは対策しやすい。

ただ、テクニカルすぎる論点も多いので、診断士との兼ね合いでどこまで深くやるか?ってところがポイントだと思う。



あくまでも第一優先は診断士である。
だが、こちらも今の仕事に直結するので、久しぶりにまたリベンジしてみたい!

セルフマネジメント力を強化しつつ、秋の情報処理試験も結果を出していこう!!
スポンサーサイト



いよいよふぞろいも9になってしまった。これで最後。もう結果出すしか…

ふぞろいな合格答案9を買った。
20160626

毎年新しく出版されるこの書籍だが、エピソード7から買っていたので、結構コレクションがたまってきた。

これ見ると、だんだん自分がくやしくなってきてね。

5年前くらいに一緒に勉強を始めた仲間はすでに合格していて、こんな本まで書けていて、いろんな世界へ飛び立てているんだろうなぁ、って。
それに比べて自分って一体…?と思う。



でも今回は初めて再現答案の提出をさせていただいた。
CBBB(総合B)評価だったが、240枚のうちの1枚に貢献できただけでもありがたい。
そして、管理人(CAP)のブログURLも巻末に載せてもらったので、感謝この上ない。
思えば、なぜ今までこれをしてこなかったのだろう?と反省する。

いろいろとH27試験の悔しさもこみあげてくるが、最終的には実力。

そして、
「何が何でも絶対に合格してやる!」
「仕事をたくさん頑張る!」
「困っている人を助けてあげたい!」
「大きく羽ばたきたい!」
ってアツい想いがないと、合格は無理だろう。



俺もかなり頑張ってはいるつもりだが、どうしてもあと一歩のところで及ばない。
一発で受かる人と俺とで一体何が違うんだろう?っていつも考える。
この試験は分析・助言が醍醐味の試験だが、逆に自分自身を誰かに診てもらいたいほどだ。

今度の2次試験で4度目。
もし落ちたら、また7科目もある1次からやり直し。
もうそれだけは絶対に嫌だ!

そう…

「何が何でも合格してやるっ!」

そこまで死ぬ気でやって、やって、やって、やるだけやって、それでも全然ダメだったら…



もう自分には中小企業診断士になる素質はないと諦めて、他のことをやろう。



長い人生、いろいろとやるべきことはある。その割り切りが大事。

でも今はそうならぬよう、トコトン前に突き進むしかない!



いつからだろうな。こんな考え方になったの。

少なくとも、診断士を知る前はこんなこと考えもしなかったなぁ。

まぁそう思えるようになっただけでも、十分な進歩か。



さて、MMC通信、ふぞろい教材とお膳立ては揃った!
他にもいろんなものがたくさんある。

あとは自分がどこまでこれらを活用でき、最後までやりきれるか。

8月の1次が終わったら一気に激戦区になるから、多年度生にとっての勝負はこの「7月まで」といえるだろう。

イギリスがEU脱退。リーマンショック並みの金融危機!?金融は本当に恐ろしい…

自分はあんまりニュースとかはブログで取り上げないけれども、今日は物凄く衝撃的だったので、書いてみた。

今日(6/24)の日本時間11:30くらいに一気に、為替が円高になっていてビックリした!
米ドル/円で106→99、英ポンド/円に至っては160→133といった、2008年リーマンショック並みの落下である。

この理由はご存じのとおり、「イギリスがEUを脱退決意したため」である。

EUの是非については賛否両論で、複雑な要因が絡みあっているようだ。
イギリスの国民投票では、EU離脱派:残留派の比率が51:49くらいだった。
こんなに大きく2つに割れて、今後の世界の政治システムや金融経済に大きな不安を感じられずにはいられない。

とにかく自分ではどうしようもない大きすぎる話なので「どうか変なことにならないように頼む!」としか言いようがない。



ただ、思ったのは…

「実物がない金融(特に先物や為替など)は、マジで恐ろしい」

ってこと。

だって、アベノミクスや2020東京オリンピックの後押しで、今まで円安の強い流れだったものが急にドカン!だからねぇ…
儲かったときの金額はとてつもなく大きいが、落ちるとトコトンまで落ちてしまい、それこそ負の借金に…

自分もFXをやっていた時期があったが、100万円損して上手くいかなかったのでもう止めた。
ある意味、パチスロや競馬等よりも恐ろしいギャンブルといえる。

ってか、もうそんなに自分の金ないしなf ^^;;;

やっぱ金は嫁に持たせて、コツコツ働くのが一番よ☆



…それはさておき、今後の世界どうなるんだろうなぁ。

まぁ考え過ぎても仕方ないし、今の自分にできることを頑張るだけだ!

講師になったつもりで勉強する方法を取り入れてみる。

今年は診断士の勉強のやり方を変えてみました。

それは、

「自分が講師になったつもりで、生徒さんに分かりやすく解説すること」

です。

もともと診断士を取ったら講師をやりたいなぁと思っていたので、家に誰もいないときを見計らってこれを実践してみました。

なぜその方法に行きついたのか?というと、

「できるだけ有機的に知識を結合させた状態で本試験に臨んでみたい」

という気持ちがあったためです。

そもそも「人に説明する」というのは、まず自分が完ぺきに理解していないとできないことですからね。
また、自分は口ベタなのでプレゼン力を高めたかったということもありました。



やってみると、今までの勉強(ノートに書く)とは全く違うので、あんまり勉強した感がありませんでした。
ただ、今の時期はこれでいいんじゃないかな?と思ってます。
いろんなことをやると、本試験で急に「ひらめきの神様」が舞い降りてきますからね。



診断士の2次試験はもう今度で4度目になりますが、毎回いろんな気づきがありますね。本当に不思議な試験です。

さぁ、これから演習です!
過去問の添削サービスの締め切りが近づいてきたので、急がなきゃ!!

楽しかった「バーベキューパーティ」と「よみうりランドのアトラクション」

この前の日曜は、会社の労働組合のイベントで息子とよみうりランドに行ってきた。

まずバーベキューに行った。
200人以上をまとめるのって、本当にすごいね。

自分はイチ参加者だったが、企画・運営の方には本当に頭が下がります…感謝!
いろんな人とたくさん話したかったけれども、食い物と息子への気配りで時間足らず。
…まぁ親子で食い意地張ってましたf ^^;;;



その後、よみうりランドの各アトラクションを回る。

で、実際に行ってみたけれども…



「まさか正直ここまで楽しいものだとは思っていなかった!」



男の子が喜びそうな乗り物系のアトラクションがたくさんあり、110cmをギリギリクリアできた息子はもう好奇心満載の暴走モード突入(笑)
車系のアトラクションがたくさんあって、下記のところを回った。

・クラシックカー
・ミラクルわんルーム
・ゴーカートファミリーコース
・ちびっこ消防隊けしっぴー
・アニマルコースター
・わんぱく鉄道オリヴァー
・ぐるぐるドライブ(2回乗った)
・カスタムガレージ(←超オススメ!!)
・マイレーシング
・スピンドライブ
・ちえくらべ「たまゴロー」(←オススメ!)
・くるくるコンパス
・カドケシとろっこ
・SKYパト

…うむ、バーベキュー終わりの午後からの行動開始にもかかわらず、たくさん回ったものだ(笑)
アンパンマンショーも楽しかったね☆

途中で小雨が降ったが、息子は全然気にしない様子。



結局、閉園まで遊びつくすことになり、家に帰ったのは20時過ぎ。
妻には「いつもより寝るのが遅くなる」と叱られたが、滅多に経験できない貴重な思い出が作れた1日であった。

こうやって息子と遊べるのもあと2, 3年くらいなのかなぁ。

補助輪なしの自転車にも早く乗せてあげたいな☆ 

持ち家はやはり最高!

新築の一戸建ての引越しから早2か月近く経過し、新生活になじみ始めてきた今日この頃。

やはり…

「こんなに快適なものはない!」

まさか住宅一つでここまで生活環境が良くなるとは思わなかった。

広々と暮らせるのは自然と心にゆとりがでる。

不思議なことに、身体が軽い状態で朝を始められる日が多いような気がする。



3人で住むにはややもったいなく、まだ使っていない部屋が1つあるほど(笑)

息子のトミカ&プラレール専用部屋もリビングの隣に設けることができたし、ありがたいことに自分の書斎部屋もいただくことができた!
妻には本当に感謝したい。
…妻には苦労ばかりさせているから、ぜひここで一生懸命勉強して、結果出さないと!

他にも40インチもある液晶テレビで、ビールを飲みながら「World Business Satellite」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」などの情報番組を観るのが幸せε-(´∀`*)

ただ駅からは遠くなり、バス通勤になっちゃった。
けれども、息子の保育園の変更もせず、妻の実家からもより近いところになったので、結果的に良かったと考えている。それに自転車でもいろいろと動けるし。



これで数千万円の借金王になってしまったが、気にしないf ^^;
それ以上のいい買い物をした。
物価もまだ上がったばっかりだし、金利も物凄く安かったんじゃなかな?

もうここが「終の棲家」になるのだろうか?
適度にリフォームしつつ、この家を守っていこう。



…ちなみに、自分がおじいちゃんになったら熱海とかもいいなぁ、と思ったが、やはり東京寄りの方が便利かも?
まぁ熱海もそんなに遠くはないかな?って感じはするけど。
…って、自分の世代は多分現役で仕事してるかf ^^;

よこすかYYのりものフェスタ2016・レポ

日曜日は、息子と「よこすかYYのりものフェスタ2016」に行ってきた。

梅雨の時期で行けるか不安だったが、奇跡的に土日とも晴れた週末であったので、とても充実した。

先に、率直な感想を言うと…

「回る時間がたりん!!」

って感じだった。

横須賀は京急の横須賀中央駅周辺は割とにぎやかだが、JRの横須賀駅周辺は結構ガランとしている。
まぁその雰囲気も僕は好きなのだが、このイベント会場であるJR横須賀駅から車を展示してある三笠公園までの距離が長い!…もしかして2kmくらいないか?
もう5歳にもなるリアルクレヨンしんちゃん(笑)の息子を、おんぶしてこの区間を歩くのは結構シンドイ。

でも、息子にはかなり楽しんでもらえたので、良かった!

特に好評だったのが、
・はやぶさのミニ新幹線に乗れたこと
・バルーン型のトランポリンで遊べたこと
・いろんな遊具で遊べたこと
みたい。

意外と、大人がコレやったら面白いんじゃない?っていう感覚とちょっと違うね。

遊具は子供が自由に遊んでくれるため、大人としてはベンチ等に座れる休憩チャンスがある。
ムチャクチャありがたい(o´Д`)=з

息子の体重も20kgになり、身体もガッシリしてきた。
1, 2歳くらいのときに公園に連れて行った時の気の遣いようと比較すると、だいぶ楽になったものだ。

今年は、三笠公園の乗り物が全部乗れなかったのが悔しい。
パトカー、消防車、救急車、高機動車(自衛隊の車)、バイク、クレーン車、乗用車(トヨタ、日産)などいっぱいあったから、さすがに無理か(^^〃



いずれにせよ、息子と楽しめて楽しかった!

JR横須賀駅の展示も面白かったね。
他のイベントとあまり被りづらい時期に開催しているので、また行きたいなぁ。

ブログの見やすさ

いろんな人のブログを拝見させていただいたが、もしかして…

「自分のブログ、かなり見づらい??」

文字がギッシリ詰まっている感じがして、もうちょっと見栄え上の工夫が必要かな?と。

自分の場合、きっちりと段落分けをして起承転結を展開させるの好きだ。でも、読んでいる人は僕のブログを見て、どう感じるんだろうか??



読む人にとってできるだけ負荷をかけず、かつ、「いい情報を得た!」「面白い!」と評価してもらえるようなブログ作りが大切だなぁ。

書きたいことは山ほどあるけれども、もっと綺麗な日本語を使いこなせるようにしたい。

文章をできるだけ簡潔に、かつ密度の濃い情報を。

職場の人からも「キミのメールはちょっと長い(^^;」と言われるので、もう少し考えないとなぁ。診断士の学習で気づいた。



あと、PC版の方のブログテンプレートを夏向けにリニューアルしてみた。

そして、思い切ってあちこちに改行を入れてみた。どうだろ?



いや、やっぱ自分の性格に合わないf ^^;

…まぁ次回以降は、少しだけ意識して書いてみよう。

診断士の通信学習、ついに始動!

早速、MMCから診断士2次通信講座の教材が届いた。

このコースはオリジナル8事例、財務4事例、H13~27の問題解説、CD、テキスト、ミニ問題集という構成。
意外とシンプルであったが、多すぎてもそれはそれで気が滅入りそうだったので、ちょうど良かったかなと思う。
そもそもH13~27の過去問解説があるだけでも十分魅力的だからね~。
ようやく2016年度の診断士合格に向けて、発進させる。

さて、まずは添削の答案の送る方法とか、全般的な事務系について確認する。
…ちょっとめんどくさい(^^;
コンビニへ行く→スキャナ機能で答案を読み込んでA3サイズに固める→USBに保存→添削用サイトにアップロードする、というデジタル化を行うプロセスが面倒。
個人的にはアナログの答案用紙のままで郵送したかったが。
まぁデジタルだとスマホからいつでも気軽に確認できるので、やはり時代はデジタルなのか?
#当方、いまだに折りたたみ式の白いガラケー携帯を愛用f ^^;;;
 今年の秋が契約改定時期なので、いい加減、便利なスマホに乗り換えたい!

次に、テキストを開く。
ただ、すでに1次や今までの社会経験で知っていることがほとんどだったので、見出しや太文字の周辺箇所のチェックだけで済ませた。
細かく読もうとすると時間がかかりそうだったので、昨日の通勤電車と昼休みだけでオシマイ(笑)

一応カリキュラム通りにやってはいるものの、MMC側の想いとはかなり異なるかもしれん。
まぁ添削してもらうのが一番大切なので、どんどんやっていこう!

人生初めての通信申し込み!本当に「勉強したい」という気持ちが人を強くさせるから…

申し込むのが遅くなってしまったが、MMCの中小企業診断士・2次試験対策講座を申し込んだ。
本当はゴールデンウィーク明けあたりのタイミングで通学にしたかったのだが、あっという間に申し込み終了のお知らせが…。すごい人気あるんだろうなぁ。

申し込んだのは「2次対策 通信講座マスターコース D」、受講料:57,030円也。



自分は今まで「独学で資格試験に合格すること」にこだわっていた。
金銭事情もあったかもしれないが、それよりも独学で合格しないとダメだ…みたいな変なプライドがあったのかもしれない。
なまじ独学で合格できた試験もあったことから、正直、最近の自分はよく分からなくなってきていた。

だが、診断士の2次試験に限っては「独学は茨の道」
誰か添削してもらえる先生についてもらえないと、俺の頭ではもう合格できない。そのことを、3度の2次敗退でようやく気付いた。

金額は大したことない。合格すればそれ以上の回収はできるし。
むしろそれよりも今までの自分を否定するような感覚に陥り、辛かった。

だが、いい加減…

「今の自分を見つめよう」
「現実に戻ろう」
「俺も若いとは言えなくなってきた年齢だ」
「もっと素直になろう」
「もう後はないのだ」

と悟った。そうしたら、自然とやるべきことは見えてきた。



そう…



「未来は自分で切り開くんだっ!」



そして、自分をここまで突き動かすのはやはり

「勉強するのが大好きなんだ」ってこと。

・常に上を目指したい。
・困っている人の力になりたい。社会の役に立ちたい。
・多くの人から「ありがとう」って言われたい。

そんな想いが、今の自分が生きる原動力になっているんじゃないのかな?って思う。



勉強するのは素晴らしいことだ。
自分を成長させようと常に勉強を頑張っている人はとても輝いているし、尊敬する。
ぜひそんな方と今後とも一緒に頑張っていきたい。
努力は必ず報われるものだから!



これから2次試験の10月23日までは、MMCの先生方にお世話になることだろう。
…実は過去5年分の無料添削というサービスが素晴らしく、その締め切りが7月6日だったので、駆け込み需要ともいえるがf ^^;

英語版デスノート、前半(L編)でいっぺん打ち切り。肝心の英語スキルは…?

…しかしなぜこうも自分は、短期間に同じテーマの記事を連続して書くのだろうかf ^^;
諸先輩方のブログを拝見するが、引き出しの多さや文章展開の素晴らしさに本当に驚かされる。
偏りなく日記が書けたり、飲みの席でいろんな話題ができる人が本当にうらやましい。
まぁこれは自分の個人的なブログだから別にいいか。と気にしたりしなかったり(笑)



さて例の英語版デスノートを教材にした学習だが、まともに読もうとしたらいつまでたっても終わりそうにないことに気付いた(--;
なのでいっぺん打ち切ることにした。他の勉強もしたかったし。
ただ、キリのいいところまではやりたかったので、怒涛のハイスピードでL編まで読みこんだ。
まぁ文字の理解というよりも画像でパッパッととらえたような感覚だが。

実感としては英語のスキルが向上した、とは思えなかった…。だが、英語に対するアレルギーは「完全に」なくなったといえる。
あと、無理に全部の単語や意味を理解せず、直感でとらえられるようになった。
英語の上達のコツって、自然と自分の身体で直感的に反応できるようになることだと思う。
例えば「dog→犬」といちいち脳内で日本語に変換をせず、直感的に「dog」と反応できたり。
上手く言えないけれども、慣れやコツの話なのかなぁ?
例えば「自然と自転車に乗れるようになった」とか??



…そうそう!自転車といえばウチの5歳の息子はまだ補助輪だが、最近は補助輪なしの自転車を少しずつ頑張るようになってきた。
あいにく梅雨に入ってしまったので、息子が自転車を乗りこなすのは当面先の話になるかもしれない。
でも、彼も頑張っているんだ!俺も頑張んなきゃな!!ぜひ長い目で見守っていきたい(*^ー^*)