FC2ブログ

TOEIC・リーディング問題の長文英語に直面し、圧倒的な量不足を痛感。

TOEICの勉強をしているが、進捗はやや微妙か…。
特にリスニング。
もともと集中力がない人間なので、騒がしい屋外だとまずできない。
自分は騒がしい方がかえって勉強は捗るはずなのだが、耳を使う勉強はあんまり慣れていないからなぁ。
…リーディング方の問題だけが多く消化される日々f ^^;

そんなわけで今回はリーディングのPart 5, 6, 7の学習日記を書いていきたい。



Part5, 6は文法・語彙や文脈を問うスタイルで、前者は10秒以内、後者でも30秒以内を目標に解くのがコツ。
正直「そんなに早く解けるものなのか!?」と半信半疑だが、とりあえず頑張っている。
要するに「Part7をで55分間を確保するために、Part5, 6の時間短縮が重要」とのこと。
たまにワケが分からない文法や熟語が出てくるが「まぁそんなものかな?」というノリで強引にどんどん進めていく。

ただ鬼門なのがPart7の長文読解。
特にダブルパッセージは本当にシンドイ。
似たようなメール+メールの問題は地獄。
まともに読むとほぼ解けるのだが、時間が足りない。
そして時間を追い求めると、全容が分からず「内容が知りたいモヤモヤ症候群」に…

うん…、分かってるよ。

「内容は深追いし過ぎるな。聞かれているところだけを読んでごらんなさい」と。

だがそもそも質問文自体が何を聞いているのか?分からないことが多い。



そこで一つの結論にたどり着いた…

「圧倒的に英文の量が足りていない」ということに(爆)

まぁそれを言ってしまっては身も蓋もない。。。

今さらになってだが、学生時代で英語の勉強をサボっていたツケを悔いる。

英語ほど中高生時代にやってきた「学習量の差」が歴然になる科目はないと思う。
数学はビジネスでは四則演算がほとんどだし、国語は他の人からの指摘や論文添削等で何とか気づく。
理科や社会は知識を問う問題が多いから、こちらも逆転のチャンスは十分にある。



と、また横道にそれてしまったが、とにかく慣れない英語を頑張っている。
そう…今までやってこなかったのならば、「今」やればいいのだ!
人生やる気になれば、いくらでもリカバリできるチャンスはあるよ!!

とはいうものの、英語の勉強は本当に地味で、しかも成長が実感しづらくて結構シンドイ。
だが、これもどこかできっとブレークポイントが出てくるはず…!

ここからじわじわと成長する日記を書くのも面白いかな?と思えてきた。



…さて、たまってきたリスニングの課題をいい加減やらないとf ^^;;;
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する