FC2ブログ

…俺は、一生挑戦し続ける人間でありたいから。

診断士についていろいろと考えてみた。

今度ばかりは養成コースを一瞬考えた。
だが、200万円という出費は既婚者にとっては痛い…
妻に言ったら、次の日に離婚届を出されそうだ(笑)
「家族」か「診断士」か、究極の選択。
まぁ前者ですわなf ^^;;;

自分にはやはり2次試験で合格する方法が適している。



さて、今回は例年以上に合格者の方から多数のアドバイスをいただいたが、ある共通点に気づいた。それは、
・受験回数が非常に多いこと。(10回目で合格した。という人も少なくない)
・自分よりも大先輩であること。(自分よりも一回りや二回り以上、年齢が離れている先輩が多い)
・不合格の辛さを経験しており、そこから立ち直れていること。

という点である。
そういった人を見ると、自分はなんて大甘な人間なんだろう。って、反省させられる。



そこで、今までストイックに自己を追い込んでいた自分に対し、大幅に路線変更するようにした。

・今の仕事や、自分を助けてくれる人、考え方に賛同してくれる人を大切にする。
・不合格は決して恥ずかしいことでもないし、悪いことでもない。むしろ挑戦できたことを評価すべきである。
・診断士は40歳くらいまでに合格できればいい。(あと7回もチャンスがある!ラッキー♪)
・診断士の1次はやれば絶対に合格できるんだし、2次も運要素が多少あるので、いずれ何とかなる。
・だからとりあえず試験は毎年受けとけ。脳を退化させないためにも。
・ただし遊び要素も入れつつ、ゆる~くやろう。
・物事を難しく考えすぎない。細かいことにいちいち深刻になりすぎない。
・そして自分の人生は、診断士がすべてではない。

結局、資格試験は「何とかなるさ~」的な楽観的思考で。
自分はそう割り切ることにした。

また、誰しもが経験したことのない連敗記録を重ねた上での合格報告も面白いだろう。
セミナーでも上手くいった話をするより、失敗した話をした方が興味を持って聞いてくれる人が多い。
…まぁそういうキャラが合っているんだろうなぁ。自分には(^^;

いずれにせよ、いつどんな試験にチャレンジしたか?結果はどうだったか?
そして自分はその時にどんなことを考えていたのか?今後どうしていきたいか?
これは引き続き当ブログで惜しげもなく公開していく。これを見ている誰かの役にも立ちたいし。



…というわけで、診断士は続けることにしました!!!

自分の診断士の合格は来年になるか、再来年になるか、40歳になるか、いつになるか分からない。
ブログやFacebookにもあまり診断士のネタは書かなくなると思う。
けれども続けることは大切。
結局、何事においても続けた者勝ちだからね。

別にいいんだよ。
すぐに結果がでなくても、ホレ言わんこっちゃない、とかバカにされても。
これからの人生まだまだ長い。
要は楽しけりゃそれでいいのよ。



…俺は、一生挑戦し続ける人間でありたいから。
コメント

No title

僕も合格するのに苦労しました。
いろいろなことを勉強させられました。
がんばってください。

診断士として活動されたいのでしたら、養成もありなのでしょうね。
自己啓発ということでしたら診断士にこだわる必要もないかと。結果が出ない無念はありましょうが、capさんにとって片手間で手に負えるものではないのでしょう。
よく考えてみてください。診断士じゃないとできない事ってありますか?

Re: No title

> 僕も合格するのに苦労しました。
> いろいろなことを勉強させられました。
> がんばってください。

ありがとうございます。
診断士は本当にいろんな意味で勉強になりますよね。
今後とも頑張っていきます!ぜひ楽しみにしていてくださいね。

Re: タイトルなし

> 診断士として活動されたいのでしたら、養成もありなのでしょうね。
> 自己啓発ということでしたら診断士にこだわる必要もないかと。結果が出ない無念はありましょうが、capさんにとって片手間で手に負えるものではないのでしょう。
> よく考えてみてください。診断士じゃないとできない事ってありますか?

診断士は自己啓発や活動目的など多用途に分かれますので、いろんな動機で目指されている方が多いですよね。
自分の場合はどちらにも当てはまりますので、それが今一つ中途半端なのかな?って気はします。
ちゃんとその先のことも考えたほうがいいですね。
自問自答の日々ですが、引き続き頑張ります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する