FC2ブログ

何度行ってもタキプロセミナーは、素晴らしい気づきが得られますね~!

今日は診断士でおなじみの、タキプロセミナーに行ってきた。

毎年勉強会でたまに顔を出させてもらっているけれども、ココの人は相変わらずとても親切!
やっぱりココが一番落ち着くかも。

特に面白かったのは、H28事例Ⅰをタキメン(前年度に合格された先輩)の皆さんと一緒に解いて、すぐその場でフィードバックをいただけた事。
あと、受験生の顔ぶれもだいぶ変わり、皆さん初めてお会いする方ばかりだったので、とても新鮮!
…まぁ「お前何回受けとるんや?」って話かもしれないけれどもf ^^;;;


さて、今回もいろんな気づきを得た。
いろいろとメモったけれども、自分の中で得た気づきを忘れないうちに残しておこう。

【事例Ⅰ~Ⅲ系】
・解答の型を決める。
・序盤はあまり考える作業を行わない。
 →設問分解、与件のSWOTは機械的に行い、中盤以降の解答検討までの力を温存する。
  要はいつも通りのプロセスを、当たり前に行う。
 →解答は、ある程度骨子やシナリオをまとめた上で、一気に書きだす。

【事例Ⅳ系】
・事例Ⅳでのケアレスミスは、実はケアレスミスではない。単に「100%理解していないだけ」である。
・事例Ⅳでミスをしない工夫(自分なりのポカミス対策)を設けること。
・簿記1級の意思決定会計はお勧め!過去問の事例Ⅳの気分転換にでも。
・簡単な問題で細切れ時間でも何でもいいので、とにかく事例Ⅳは毎日解く。

【勉強会で使えそうなネタ】
・みんなが考えそうないる解答を書くのが合格への近道。
 →与件にマークした箇所を見せ合って、共通点・相違点について振り返りを行うのも面白そう。

【その他トピックス】
・3色フリクションペン最強説。
・普段の仕事でも解答を意識する。
 →何が言いたいかハッキリ分かる文章。
  →メールが多いので、もし可能であれば職場の人に指摘もらおうかな?
・伝説の「ミッチーメソッド(※)」発動。グループ内ディスカッション、大いに盛り上がる(笑)

新しい勉強仲間もできたし、本当にこの機会に感謝!
要は、楽しみながら学習を継続するのが大切と考える。
ぜひとも2017・診断士二次、最後まで頑張っていきたい。


来週は夏休みだけども、診断士の学習はしばしお休み。
家族と時間を過ごしたいのであちこち遊びに行ってリフレッシュをする。
そして、再来週からは徐々に二次の感覚を取り戻していきたい。


今日は、ありがとうございました!

(参考リンク)
 ■タキプロ。中小企業診断士試験 突破のノウハウ
  http://www.takipro.com/
 ■伝説のミッチーメソッド
  http://www.takipro.com/2jishiken/32316/
 (※)ミッチーメソッドとは、事例Ⅰの組織人事でテッパンな1次知識をゴロ合わせに用いた最強フレームである(通称:「幸の日も毛深いネコ」)
 以下、一部転載し、書き足したかったフレーズを勝手に追記(笑):
 …ご本家から指摘があれば削除します(^^;
  さ:採用、配置
  ち:賃金・給与、報酬
  の:能力開発・研修、訓練、人材育成、資格取得支援
  ひ:評価(人事考課、目標設定など)、表彰制度
  も:モチベーション、モラールアップ
  け:権限委譲
  ぶ:部門(部門設置・設立・見直し)
  階:階層
  ネ:ネットワーク(外部)(共同開発、連携)
  コ:コミュニケーション(部門間のコミュニケーション)

以上
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する