FC2ブログ

H29診断士二次・今回のCAPの戦略。

今年の診断士一次は、何とか首の皮一枚で通してもらえました。
今は暑い中、二次の学習を少しずつ再開しています。
そこで、今回の戦略をまとめてみました。

まぁ戦略というよりは、今までの反省点をもとに、今回はこうやっていこうかな?っていう感じに近いですがf ^^;


【今回の戦略】

・あまり新しいことに手を出さない。というか、新しいことをやる時間がない(汗)
 →ウィルパワーの集中。
  秋の情報処理試験はお休み。
 →自分はそこまで器用な人間ではない、ということにやっと気づく。
 →今までの試験や過去問、演習教材を振り返るだけ。もうそれで十分。
 →とにかく「無理をしすぎないこと。」

・試験場での心理ブレを最小限に抑える。
 →難しい問題に出くわした時の対応もそうだが、簡単な問題の対応も意外と難しい。
  昨年度は設定が不自然な事例Ⅲに浮き足立ち、気が抜けてしまった。


【そのために何をやるか?といったら…】

・試験日まで、できるだけ同じようなサイクルで、演習を行う。
 →朝:前日の夜に解いた事例の振り返り。
  昼休み:事例Ⅳの計算問題を解く。
  夜:事例Ⅰ~Ⅳのうち、どれか一事例を解く。

・完答すべき問題(分析・SWOT抜き出し系)と、部分狙いすべき問題(提案・助言系)とに分けて、メリハリつける。

・とにかく、出題者思考。

・「絶対に受かる」「落ちたらやめる」「必ず」「間違いない」とか、極端すぎる言葉は使わない。
 →自分の気持ちのブレを最小限に抑える。これは昨年の最大の反省点。
  →静かなる闘志を内に秘めて、淡々と挑んでいく。今年はなぜかすごく落ち着いている。


【ちなみに、現在の状況は…】
・今年はどこの勉強会もすでに満員で入れない。
 →モチベーションが高い受験生が多い。
 →二次の書籍もかなり充実してきた。
 →以前はテクニックで何とかなった問題もあったが、だんだん考えさせる内容の問題に変化してきている。
 →ということは、年々受験生のレベルが上がってきている?もしかして、ヤ・バ・イ!?
  (全体としてはとてもいい傾向だと思うが…)


【決意表明!今度こそ…】
厳しい競争の中、振り落とされないように食らいつき、勝利せねば。

資格試験はモチベーションの維持や目標管理につながる。

やはり常に勉強して経験を積み重ねて、成長していかないと。。

人生、気を抜くとすぐに転落してしまう。
ある意味、そういった危機感が自分を奮い立たせ、この試験を継続できるのかもしれない。

診断士の先輩とか、受験仲間とか、職場の人とか、身内とか、ある程度は言ってくれるが、
最終的には「やるもやらないも自分次第」
自分の人生は、自分で決めるものだから。

がんばろう!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する